2013年 09月 11日

二週ぶりに芋掘り

先月29日以来、約二週ぶりにジャガイモ掘り。
30日以降、断続的に雨続き。トータルで60ミリ程度の雨だが、
しっかり土に浸透し、表面は乾いたものの、内部はじっとり重い
土に変わっている。
おまけに二日連続の晴天は9日・10日の一回きりで、太陽は
既に真夏の強烈な陽射しには程遠く、早秋の気配。

作業には快適とはいえ、乾いていれば何のことはない雑草も、
ゴテゴテと粘りつく泥とともに、芋にも・収穫機に土とともに絡み
付き、収穫作業は難航する。

それでも何とか、4時間程度で約4トン強のジャガイモを掘り取る。
キタアカリは、今日一日で掘りとり完了。

明日は、圃場を替えてワセシロ掘りを予定するが、朝から雨の
予報に変わる。毎日、コロコロ変わる週間予報だが、いずれ気圧
の谷が通過するため晴天は望めそうにない。

*****************************************
[PR]

# by agsanissi | 2013-09-11 21:21 | ジャガイモ
2013年 09月 10日

ダイズの殺菌防除

先月30日以来、雨がちの天候が続いている。
今日も、ほんのいっときだが、昼前後に黒雲が急激に広がり俄雨が降ってきた。
その後は急速に晴れ間が広がり、雨の影響はほとんどない。
とはいえ、この12日間に雨が全く降らなかったのは4、6、9日の三日きり。
しかも、もう真夏の太陽のような陽射しは望めず、畑は中々乾かない。
そんなわけで、ジャガイモ掘りは29日を最後に中断したまま。

そんな合間に、今日はダイズの紫斑病防除に殺菌剤を散布した。
一般に開花後20~30日の若鞘期の防除が勧められている。
今年の開花は、概ね8/15日前後。今日で25日前後で鞘は付いているが
実(豆)は未だ入っていない状況。

ちょうど、防除適期かとみた。
草丈は、僕の腰高よりはやや高め。
今年は、気象条件がダイズに適していたのか、かつてないほど揃いがよく、
元肥ゼロにもかかわらず、生育は極めて旺盛とみた。

c0048643_22182598.jpgc0048643_2219256.jpg











とはいえ、実際に畑の中に入って(トラクターで)”個別”に見ていくと、いくらか
不揃いも目立つし、処々、動物の獣道のような曲折した”通路”のような跡さえ
見られる。
昨日は、東6の畑をトラクターで走っていると、畑内で寝ていたのか、物音に
びっくりした日本鹿(腰高がちょうどダイズの高さで、そこから頭ひとつ飛び出し、
更にその頭の上に1メートルほどの立派な角を生やした雄鹿)が、急旋回して
逃げ出していった。
今日はまた、どんな動物だか、姿はほとんど確認出来なかったが、狸のような、
狐のような、アライグマのような、そんなものが大慌てで逃げ出していった。
こうしてみると、姿を隠すに絶好のダイズ畑は、各種動物にとって食糧宝庫の
理想郷なのかもしれない。
 **********************************************
[PR]

# by agsanissi | 2013-09-10 22:32 | ダイズ
2013年 09月 01日

機械整備/続

30日以来、量は少ないものの雨が続いて、日照もゼロ。
畑の土はサッパリ乾かず、すっかり様変わり。
今日も、昼前から濃い霧が入り、やがて霧雨に。
アメダス記録では、雨量ゼロが続いているが、黒崎はすっかり雨模様。
和野山は、幾分、乾いており、普代まで下ると道路は乾いている。

◆JD6300
・ファンベルトの交換だが、取り付けようと色々やってる内に、
ベルトの位置とテンションプーリーの位置が微妙にずれているのに
気づく。ベルトの切れた原因はこれだなと思って、あれこれ操作している
うちに、プーリー部分がポロッと外れて抜け出てしまった。
結局、アッセンブリ交換。
なんで、こんな複雑な構造にする必要があるのか(微妙な振動吸収のため?)
これ一個で6万円とビックリするような値段。
c0048643_2041383.jpg


トラクター本体には、こんな具合に取り付けられて
ファンベルトを張っている。

c0048643_2050469.jpg



◆ユニック
・以上でトラクターは見通しがついたので、
今度はユニック。
 特にどこと言って悪いところはないが、
言ってみれば生活習慣病のようなもので
日頃の不摂生が溜まって、至るところに
軋みがでている。
「こんなボロでも、無くなったら、とんでもない苦労をするな」と
「親孝行、したいときには親はなし」なんてことにならないようにと反省して
セルモーターを始め・ファンベルト・フィルター類など総点検。
 一通り点検を終えて、エンジンをかけてギアを入れようとしたらギアが入らない!
エンジン停止の状態では軽くギアが入るのに、エンジンを掛けた状態では
バックにしかギアが入らない。クラッチ系統は何も触ってないのにおかしいなと
思いつつも、ユニックはひとまず置いて、今度はユンボの修理。

◆ユンボ
・「よく次々と整備や修理があるな」と思いつつも、僕の農作業の半分近くは
機械いじりをやったり、機械操作をやったり、機械屋みたいなもんだと割りきって
いる。
・ユンボは、ラジエーター系統の不具合が続いている。血管がボロボロになって
いつどこが破けるか心配という状態で、抜本的対策はラジエターを交換するしか
ないが、最も損傷の酷い処を切り取って塞いで使っている。
・オイルを抜き取って、塞いでみたりもしてみたが、滲みだすようなオイル漏れを
完全には防げず、補修を繰り返している。
・オイル系統の修繕をしている内に、今度は水系統のほうまで傷つけてしまって
ラジエター液が全部抜けてしまった。数ヶ月放置した後、再度、水系統のほうを
試してみたところ、不思議な事に漏水は収まっていた。
・狐につままれたような気分だが、取り敢えず結果オーライトばかり用心に
ラジエター漏れ防止剤を混入して試運転。さてどうなることか??

*************************************************
[PR]

# by agsanissi | 2013-09-01 21:43 | 機械類
2013年 08月 31日

機械整備

昨日は、多少まとまった雨が降って、しかも日照時間はゼロ。
畑は乾かず、一方、当面の出荷予定は来週分まで掘りとってしまった
ので、やや一息、安堵。

一昔前(10年前となると”一昔”だな)だと、一週間くらい連日芋掘りを
やっても何ともなかったけれど、最近は、たとえ細切れ作業でも三日も
連続すると、多少、息切れがしてくる。
こんな時は、初めて自分の年齢を実感する。
人それぞれにしても、歳相応の働きを(いい意味で)考えなければだな。

そんなわけで、今日はのんびり構えて溜まっていた「機械整備」に切り替え。
◆JD6300
・まずはトラクター、23日に突然エンジンの警告ランプがつく。畝の途中で
掘りとり中止というわけにも行かず、取り敢えず一畝堀り終える。
発電関係のランプも付いているので、ファンかダイナモとあたりを付けて
エンジンルームを開けてみる。
この部分のファンべルトが、千々に乱れて巻き付いている。
ちょうど一年前に交換したばかりなのに「おかしいな」と思いつつ、
取り敢えず注文。あいにく金曜日夕刻。早くとも火曜日、27日の午後までは
諦め。芋掘りは、トラクターを交換して対処。
c0048643_5401261.jpgc0048643_5413058.jpg











初めて交換した時には、どこからファンベルトを入れたものか分からず往生した。
最近は手慣れたもので、丸印のボルトを4本外してファンをフリーにして、
その隙間から挿入する。
分かってみれば、「当然」のようにも思えるが、分からぬ時は、いろいろ迷いが
でて、まさに暗中模索、迷って、とんでもない部分のボルトを外したりする。
「人生も同じかな」とも思ったりする。
ところが、このボルトの位置が悪くて通常の工具ではボルトの頭にレンチが
入らない。ちょっと安物の工具を余分に買って、切ったり貼ったりして”専用工具”を
手作りして対処している。

c0048643_5513958.jpg
[PR]

# by agsanissi | 2013-08-31 05:43 | 機械類
2013年 08月 30日

作業状況

16日以降、殆ど連日のように雨が降っている。
終日、全く雨の気配がなかったのは21,28日の二日間だけかな。
昨日も15時頃から芋掘りをやろうと、トラクターを収穫機に取り付ける際に
ちょっとトラブルが合って、半時間ほどゴタゴタやっている間に、
やっと取り付けて「さて開始しよう」という時に、パラパラときて「おや!?駄目か」
とおもいきや、雨雲は静かに通り過ぎました。
本格的な雨降りになったのは19、20、22、24日と今朝。
特に24日は、僅か10分ほどに8-9ミリのたたきつけるような雨。

そんな中でも、カラカラの乾燥状態が解消されて掘りとりには
支障になるどころか、かえって好条件とも云えそう。
短時間の細切れ作業ながら16、17、22、23、25、26、28、29日と
掘りとりをやって、西11の畑の、ほぼ8割程度は掘り終わったかしら。
大事なポイントは、細切れ作業が出来たという点ですね。

以前は、こういう細切れ作業が出来なかったのは
収穫機上の作業に4人の作業員が必要で、掘りとり作業だけを専業で
やっている場合には1時間、2時間だけの作業というわけには行かず、作業員も
1人か、2人だけというわけにも行かず、結局、作業条件の最良の時に
一挙に掘り取るという「形式に縛られていた」ために細切れ作業ができなかった。
一昨年、収穫機上に作業員を載せずに試験的に運行して以降、
掘りとり作業と粗選別作業を分離して(時間的にも空間的にも)、要するに
一旦掘りとったのち、粗選別作業(泥や腐れ、その他の製品外との選別)は畑か
室内で「別に」やるようにしてから、作業幅に余裕ができ、それとともに僕自身の
考え方にも幅ができて、いわば従来の軽い”呪縛”が解けて、考え方にも
柔軟性が持てるようになったお陰ですね。
特に、今年の気象条件が良かったというより、気象条件に柔軟に対応出来る
だけの主体的な柔軟性が、やっと持てるようになったということかしら。

結局、「何々はこういうもんだ」という決め付け(は、僕はしないけれど、
それでも時に、無意識の思い込みに囚われているもんですね)が、自分の
行動を縛ってしまう制約条件に成りますね。”無意識”というところが、意識的
でないだけに、気づきにくい分だけ、いっそう厄介ですね。

岩手生協さんには、この数年、思うような掘りとり作業が出来ず、
特に去年は、史上最低の出来作で大迷惑をお掛けしてしまったけれど、
今年は、多少はその挽回は出来たかしらと、いまのところ、やや安堵状況。

*************************************************
[PR]

# by agsanissi | 2013-08-30 08:54 | ジャガイモ
2013年 08月 27日

作柄

まだ西11の畑の半分弱、ジャガイモ畑全体の2~3割程度
掘ったばかりだから、全体の作柄を云々するにはちょっと早いかしら。
近所の家庭菜園の人たちも、口々に「今年は良い」と言い交わしているようで、
6-7月の天候、特に7月中旬以降の”低温”とやや乾燥気味の気候が
ジャガイモには幸いしたようだ。

通常なら、7月下旬には茎葉がすっかり枯れて、盆前には掘っているところ
今年は盆明けに、やっと掘り出す風景が此処彼処で見られる。
低温で、茎葉が長持ちし、その分、生育期間が伸びて”大ぶり”になったようだ。

僕のところも、
22日に掘り出した4.2トンの内訳は
ML級が2.7トン、2L以上が450キロ、S級を含む種芋用が1トン程度。
最初の一二回の掘り取りの時は皮むけ・腐敗・傷物が目立つ程度にあった
けれど、三度目以降の掘り取りでは目立って外観形状も良くなり、
腐れも殆どなくなった。

皮むけや傷は、掘り取りがやや早いとか収穫機上での回転や打撲が原因で
収穫方法の工夫で対処できるけれど、
写真のような腐敗(軟腐病かと思うけれど)は、7月中旬以降の長雨の影響かしら。
但し、三回目以降の掘り取り芋(写真右)にはでていなから、畑の土壌・排水条件や
雑草の具合など、その他もろもろの要因が重なって発症するのでしょうね。

左の写真のような腐敗の中には、掘りとった直後には「ちょっとした打撲」や切り傷に
見えていたものが、翌日には腐敗して・クリーム状にとろけていたりします。
この症状は、典型的な軟腐病ですね。

c0048643_4483863.jpgc0048643_4492636.jpg









◆読み返すと”おかしな”ことを書いてますね。
・7月中旬以降の乾燥気味、と書いたり「長雨の影響」とかいたり。
・どっちが本当かいな?というと、不思議な事にどっちも実感ですね。
******************************************
[PR]

# by agsanissi | 2013-08-27 06:07 | ジャガイモ
2013年 08月 26日

収穫作業の風景

16日に掘り始め。その後17、22、25、26日と掘っている。
その都度、俄雨にあたったり、収穫機が故障したり、トラクターのトラブルに
あったりと、1-2時間の細切れ作業が続いている。
それでも、結構能率よく、西11の畑のやや半分弱は掘っただろうか。
22日は2時間で4トン、25日は2時間で3トン、26日は1時間半で3トン程度は
掘っている。
その間、掘り取り部に雑草が絡まったり、回転部の安全ピンが切れたりと、
作業中に1~2度は小トラブルがあって、5分、10分と作業中断している。
赤い囲い部は掘りとり後、緑の囲いはこれから掘る処。
c0048643_2214420.jpg
















チョッパー処理前の実際の畑は茶色で囲ったように雑草に覆われ、
(この畑は、去年一昨年の管理に、多少の手抜きと間違いが重なって、
特に酷い状態に陥ってしまったけれど)、そのままでは、とてもまともに
作業できる有り様ではない。
こんな中で作業しながら(とても自慢できる状況ではないけれど)、
結構、能率よく掘っていると我ながら感心している!
c0048643_22193397.jpg




***************************************************
[PR]

# by agsanissi | 2013-08-26 22:26 | ジャガイモ
2013年 08月 25日

秋めく

いい意味でも悪い意味でも、「秋めいて」きました。

このへんでは、昔から「盆が変わり目」と言います。
僕は都会人のせいか、あるいは信仰心というか、郷土心というか
そういうものが薄いせいで、「盆」に対する特別の感慨は皆無。
普代村に来て初めて、「盆」に対する思い入れの強さに異文化を
見る思い。

というわけで、「盆が変わり目」という表現にも、幾分かの
バイアスがかかっているかも知れないが、確かに足早に”秋めいて”
来たのは事実。
とはいえ、かつては肌寒さを覚えて盆中にストーブを焚いた覚え
さえあるに、今やそれも昔の語りぐさ。
特に一昨年・昨年と盆明け後もウダルような暑さが続きました。

今年は、幾らか平年なみに戻ったか。盆を境とする変化は、
①、15日以降、連日、通り雨のような俄雨が10~30分程度、
サッと通り過ぎる。
昨日は昼前後に5分程度、滝のような豪雨が通り過ぎ、午後から
予定した芋掘りは中止。その後はすっかり晴れ上がり、今日の
午後には支障なく芋掘り。
15時ころ、今日も大粒の雨がサッと落ちてきて、”駄目か!”と
思いきや、数分で雨雲は消えて青空が広がる。
②、更に、30度を超える日がなくなり、朝晩は20度以下に下がる
ようになりました。
③、カナカナに変わってオーシンツクがなくようになりました。
④、夜半には、秋の虫が鳴き始めています。

さて、こんな中でジャガイモ掘りはたけなわ。
16、17、22、23、25日と2~3時間づつ雨と故障のトラブルの
中をかいくぐって、なんとか掘り進んでいます。
毎日の雨とトラブルの割りには、掘り取り作業は、やや順調かしら。
選別台上の人は、「去年とは雲泥の差だ」と言い交わしてます。
(去年は、僕のジャガイモ作りの中では史上最悪の年でした。)
17日後半には収穫機の選別台上の送りコンベアが回転しなくなり
その修理を雨の影響で4日の空白。
23日後半にはトラクターの不調と雨の影響で一日空白。

最初は16日の写真のように畑に直接広げて、粗選別をやっていたが
  いつ何どき、こんな雨雲が急速に発達して、ザッと降りだすやも分からず
c0048643_22103311.jpg













23日からは掘りとった芋を、いったんは作業場に運んで
  雨と暑さを避けて、粗選別をすることにした。
写真は、この日、約2時間で掘りとった4トンの芋。
c0048643_22113435.jpg


***********************************************
[PR]

# by agsanissi | 2013-08-25 07:18 | ジャガイモ
2013年 08月 16日

ジャガイモ掘り開始

今日は普代も世間並みに35度に達しました。
12時31分にアメダスで35.0度を記録、
よりによって、こんな日に芋掘りを初めなくとも....。
尤も、それほどの”暑さ”とも思わなかったのは、
    畑を吹き渡る風が幸いしたのかしら。

街中の人は、「今日はいやはや...暑いこと、暑いこと...」
  とか、言葉に尽くせない様子でした。

過去の記録を調べると、35度丁度というのは歴代10位にも
入ってませんね。歴代10位の内に、一昨年の8月が4回、
1994年の8月が2回入ってますね。
何れも経験済みですが、喉元過ぎれば...の類で、
   みんな忘れてますね。そのくらい脳天気がちょうど良い!!

1994年は、僕が普代に来た年で、この時は日照りとも
重なって、地下足袋で畑に立っていると焼けるように
熱かった覚えがあります。あれは印象的でした。
その時も35-6度だから、今日と大差はないけれど、
然程には感じなかったのは、畑の違いかしら?
感覚器官が鈍くなったのかしら?

  午後は曇り空、霧が入ったのかしら気温も下がって
夕刻、18時半頃に、一時的な通り雨がサッとあって、
気温はグッと、25度まで一気に10度も下がりました。

今日は、掘り取りに先立って収穫機の先端の掘り取り刃を
交換しました。購入以来初めて、18年ぶりです。
刃の先端部まで12センチ、その内、なんと4センチ、
三分の一が摩耗してました!!

c0048643_2053599.jpg















芋の掘り取りは、収穫機上での選別は止めて
ほぼ全部をこのように掘りとった後、畑に広げて、
   風乾させてから、簡単に畑で選別した後
作業場に運び、そこで二次選別をします。
 このように収穫(掘り取り)と選別作業を分けたことで
作業幅がグンと広がり、掘り取り作業が気分的に
      格段に楽になりましたね。革命的変化です!!

c0048643_20583213.jpg

[PR]

# by agsanissi | 2013-08-16 21:07 | ジャガイモ
2013年 08月 14日

9日の豪雨のまとめ

今日は7日以来、一週間ぶりに30度に達した。
朝方は北東風で20度前後、11時ころ南寄りの風に変わると共に
気温はぐんぐん上がって30度に達する。
しかし意外に爽やかな風が吹き渡り、体感温度はグッと低い。

9日の秋田から岩手県央にかけての豪雨被害がまとめられている。
盛岡気象台の「災害時気象資料」によると、
「岩手県では、日最大1時間降水量が雫石で78.0 ミリ(9日 12:02)、
紫波で71.0ミリ(9 日10:44)、大迫で 63.5 ミリ(9日11:24)を観測した。
日降水量は、雫石で264.0ミリ、紫波で 211.0 ミリ(いずれも 9 日)を観測し、
盛岡地域、花北地域を中心に 200 ミリを超える大雨となった。
雫石と紫波では、平年の8 月の月降水量平年値を超える記録的な豪雨と
なった。この大雨により、盛岡市、雫石町、矢巾町、紫波町、花巻市などで、
住家の床上浸水や床下浸水、がけ崩れなどの土砂災害、道路の損壊や冠水
による交通障害などの被害が発生した。」

岩手県のまとめによると、県央部豪雨の被害状況(13日正午現在)は
「水田・畑の冠水被害が約1872ヘクタール、農地の土砂流入・のり面崩壊も
計738カ所に拡大。いずれも12日時点からほぼ倍に拡大した」とのこと。
また住家被害は矢巾、雫石、紫波など8市町村の計1190戸(全壊3、半壊5、
一部損壊23、床上浸水304、床下浸水855)に上り、調査を継続している。

この日の雨は、専ら県央が中心の局地的豪雨で、普代は26.5ミリに留まる。

****************************************************
[PR]

# by agsanissi | 2013-08-14 14:54 | 気象/季節メモ