2008年 12月 01日

人参掘り

夜明け前、外に出てみたら比較的温かかった。
昨夜までの変わり易い荒れ模様の天気はすっかり治まって、風もなく穏やかな模様。
7時過ぎに畑に行って見たら、昨日までの雨をすっかり吸い込んだ土が凍りつき、今年初めて
ビッシリ霜柱に覆われていた。
掘り返しておいたままになっていた人参も、葉に覆われた部分はともかくも、むき出しになった
部分は硬く土が凍りつき、10時頃まで融けなかった。

c0048643_21185474.jpgc0048643_2120511.jpg









東西に向かって五列に並んで植えてあるが、同じくむき出しになってはいても、南側に面した
右側の列は日差しを浴びて7時半過ぎには融けているのに、一番左の北側は硬く凍りついた
ままだ。距離も高低差も僅かな違いだが人参にとっての環境差は随分あるものだ。

  *********************************************
まるまる四ヶ月休載した。最初の一ヶ月(8月)は、雨続きでジャガイモ掘りが出来ず気持ちが
腐っていた。二ヶ月目と三ヶ月目は腐った気持ちの惰性だ。
その間に、何人かの方に「マイマイガで止まってますね」と云われた。
「オヤ、この人も読んでいて下さったか」と意外な発見もあった。
四ヶ月目は、自分の記録形式を変えたこともあって、半ば意図的に休載を続けてみた。
意図的な休載をしてはっきり判ったことは、書こうという意図を持つことで、書こうとする対象を
詳しく観察しようとすることだ。写真を撮るにしても、ただ漫然と撮るわけではなく、撮る対象を
探し、探すことで詳しく観察しようとすることが判った。
「記録」としての意味は当然としても、対象をより詳しく観察しようとする意志を持続するために
も意味はありそうだ。
[PR]

by agsanissi | 2008-12-01 21:47 | 人参・カボチャ


<< 畑仕事      マイマイガ/2 >>