農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 08日

食事療法・運動療法の実際

ちょっと予定を変えて、実際の記録を書いておく。
11/10から「食品交換表」に基づく食事記録を、11/12からかなり詳細な「生活行動記録」を
つけている。
糖尿病の「予防」段階では、農業を始めると共に記録は止めてしまったけれど、今後は一生涯
続けるつもり、又そうする他はない。何故なら糖尿病は、管理はできるけれど、決して「治らない
病気」(「糖尿病は専門医にまかせない」牧田善二著、23.p)とされるから。
僕は、「治らない病気」という点に異論を唱えるつもりはないし、その根拠もないが、若干、疑問
を感じている。とはいえ「治らない」とすれば、合併症(網膜症、腎症、神経症は糖尿病の三大
合併症とされる)を伴わない場合は、「病気」というより「高血糖体質」と捉えた方がよいのでは
ないかとは思う。病気にせよ体質にせよ「治らない」とすれば、「血糖管理」を生涯続ける必要が
あるし、血糖管理の基本は食事療法と運動療法に尽きる

食事管理は「糖尿病食事療法のための食品交換表」を使っている。
「食品交換表」は、全食品を穀類、果物、たんぱく質、乳製品、油脂類、野菜の六群及び調味料
に分類し、80㌍を一単位として、同一群内の食品は「交換」できるので、一日の総カロリー数を
例えば1600カロリー20単位になるよう、各群からバランス良く、多彩な食品を選べるように
構成したもの。例えば穀類の一単位は、飯は50グラム、食パンは30グラム、ゆでソバは60
グラム、ジャガイモは110グラム、西洋カボチャは90グラム、乾麺は20グラムなど。例えば
一食に穀類を三単位取るとすれば、飯を150グラム食べるより、飯100グラムにジャガイモ
110グラム食べたほうが、カロリー数は同じでも食物繊維は沢山取れるし、血糖値も上がり難い
と考える。
昨晩、久し振りにカレーを作った。
材料は、玉ねぎ220グラム、人参120グラム、カボチャ160グラム、豚肉110グラム、シナモン
6グラム、カレールー108グラム。油脂類はできるだけ使わないつもりで野菜は炒めずに、その
まま煮込んで、アクセントにシナモン(シナモンの血糖降下作用については、ここを参照)と豆板
醤を少々。以上の材料でカロリー計算をすると、Ⅰ群(穀類)が3.9単位、Ⅲ群(たんぱく質)が
3.15、Ⅴ群(油脂類)が5.2、Ⅵ群(野菜)が1.1。当初は、これを三回分と考えたが、やや多め
なので四回分として四等分してカロリー数を考えた。
通常、朝は5時半、昼は11時半、夕食は17時半に食べ、間食として10時前後に果物とチーズ
一切れを食べている。
今日は朝昼ともカレー(ちょっと芸がないが、カレーライスの時はそんなもの)、それに朝は大根
と昆布の煮物と人参の酢漬けを200グラム、昼は大根・人参・ヤーコンのサラダ(ゴマ油5グラ
ム、砂糖5グラム、ラー油一滴、酢)を260グラム。他に朝はヨーグルト58グラム、間食に柿
102グラム、チーズ8.2グラム(今日は仕事の都合で14時に食べた)。飯は朝昼とも130グラム。
以上でカロリー数は15.11単位で1208カロリーになる。

さて、仕事。
午前中は、久慈のコロッケ屋さんに売ったジャガイモ1.6トンの運搬を手伝う予定。
4時56分に起きて、気功を少々、ロシア語の勉強、ファイナンシャル・タイムスとガーディアンを
WEBサイトで拾い読み、ストレッチとラジオ体操、「作業日誌」の更新、トイレでロシア語復習、
7時50分に出て、農協倉庫で運搬用のジャガイモを150㌔袋を人手で運べるように100㌔程
に小分けしてトラックに積載。9時過ぎトラックに便乗して、久慈に向かう。9時50分頃から40
分程、ジャガイモ袋を倉庫に収納するのを手伝う。僕は、トラック上で袋の移動と降ろすのに
手を貸す。かなりの重労働。11時20分頃農協倉庫に戻り、いったん自宅に戻って昼飯。
12時50分に山に行って、急ぎの注文のダイズ選別を30分。その後はユンボの移動・整備、
メールのチェック、ロシア語の復習など細々したことをちょこちょこ、大したことはやらない。
15時頃、ちょっと空腹感を感じたけれど、少し時間が空いたので「今日は昼間歩って見ようか」
と畑を徘徊する(通常は、夕食後1時間目に30~40分歩いている。今日の15時までの歩行数
は4700歩)。
15時過ぎから35分間、2.9キロを4300歩で歩く。距離は「電子国土ポータル」(参照)の地図
を拡大して計測している。歩数は万歩計。15時45分、8473歩まで歩いたときに、急に脱力感
を覚え、汗がでる。明らかに低血糖の兆候、昼飯から約4時間で、ややエネルギー切れの状態
で、通常はこの時間帯には歩いたことがない。ひょっとしたら血糖値は80を切ってるかも知れ
ないと、急いで自宅に戻って血糖値を測ってみる。73と記録的な低さ。
「糖尿病治療ガイド」によれば、空腹時(通常、食事後10時間は何も食べずに測る)血糖値が
80-110未満は血糖値コントロール状態を「優」、110-130未満を「良」、130-160未満を「可」
としている。
[PR]

by agsanissi | 2008-12-08 20:23 | 糖尿病


<< 玉ねぎ栽培      まず、何から始めたか?/1 >>