2009年 05月 31日

読書三昧

今日で三日続きの雨勝ち、
一昨日は朝の天気予報で「午前中は確率0%、午後は40%」の予報が流されている最中に、まさに雨。
その後も繰り返し霧と霧雨、ディスクに泥が張り付くため、予定したディスク・プラウは中止。
昨日は終日雨、文字通り休みなく(今朝8時過ぎまで)降り続く。ただし最大の時間雨量は3ミリで、降り
始めからの累積雨量は43-46ミリ程度。午後は再び3時過ぎから雨。

ゴボウやヤーコン、シモン1号、ネギなどには恵みの雨だが、ちょうど開花期に当たる小麦には迷惑。
開花期のこの時期が菌に対する抵抗力は最も弱く、一方、赤カビ菌の繁殖・蔓延には雨は持って来い。

先週、ETCを(週末ドライブは、まったく無縁だけれど、年一回の埼玉との往復だけでも充分にペイする
ので)取り付けたところ、以来、何故か電気が流れなくなってしまい、エンジンがかからず(デンソーに
も、スバルにも確かめたが、未だに原因不明で車屋で車庫入り)、といってこの雨の中をバイクで走る気
にもならず、お陰で一昨日の昼過ぎから読書三昧。三冊読了し、現在は四、五、六冊目を読み中。
これまたお陰で、頭は柔らかくなったが、身体は硬くなった。

1929年、83-84年の恐慌相場(後者は、「恐慌」というには力不足だが)にタイムスリップ。(同時代的・
近視眼的分析を離れて)一連の歴史的回顧を読んでいて分かることは、
1.専門家、専門誌・紙の同時代的分析が如何に当てにならない楽観的・希望的観測に歪められているか
2.歴史的「大暴落」が、われわれの予測の幅を如何に簡単に超えてしまうか
3.投機的熱狂とともに「永遠の繁栄」の幻想に繰り返し浸り、その度毎に幻滅を味わってきたこと
4.今回の「大暴落」の真の深さを測るには、数年~十年程度かかること(従って、それ以前に述べられた
いかなる楽観的・希望的観測あるいは悲観的観測を加えても良いが、寸毫も信用するに足らない
[PR]

by agsanissi | 2009-05-31 17:51 | ミミズの寝言


<< 四日ぶり      ダイズ播種準備 >>