農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 14日

リスク管理のお粗末

新型インフルエンザの流行は、まだ始まったばかりで、この「騒動」の全体を総括するには早すぎる。
感染症問題の専門家を初め、多くの方が「政府の対策」のお粗末さを指摘している。
一介の百姓に過ぎぬ僕が、これらの論評に新たに付け加えるべき知見があるはずもない。

但し、多すぎる雑多な情報は、きちんと整理しておかなければ、ただのゴミ同然だということ、
多くのゴミの中で、宝石のように輝く見識は、一人でも多くの方に広める機会が必要だということ、
権威的なものが、権威的装いの下に、いかに愚かな行動に走っているかを承知しておくべきこと、
自分自身の覚書のため、

ザッと、以上のような理由で「インフルエンザ騒動」についても書いておくことにした。
インフルエンザの大流行は、少なくとも1~3年のスパンで続くようだから、その推移を見守る意味もある。

送られてくるメールマガジンで、この問題を定期的に扱っているのは、世界環境ホット・ニュース(参照
の「豚インフルエンザ報道を検証する」と、JMMメールマガジン「現場からの医療改革レポート」の第30回
以降(参照)、不定期で団藤安晴の記者コラム「インターネットで読み解く」の最近号(参照)など。
環境ホット・ニュースは、表題通り「報道の検証」が中心、団藤コラムはジャーナリストとしての批判的報道、
医療改革レポートは、感染症の専門家ではないが、医療現場の立場からの批判。
いうまでもなく、僕は「現場からの批判」を、最も重視する。どんなに立派に見える「対策」も、現場の実践的
な検証を経なければ、空疎な空文句に過ぎないからだ。

環境ホット・ニュースの「豚インフルエンザ報道を検証する」は、まだシリーズ四回目で、この後どう展開して
いくのか分からないが、第四回目の冒頭で
厚生労働省は「新型インフルエンザ」の判定作業を地方に押し付けて、「通常の季節性」かもしれない
A/H1N1 型インフルエンザも すべて「新型」だとする水増し発表を続けました。そうして作り出したパニック
を利用して、補正予算で抗インフルエンザ薬タミフルを大量に追加購入しようとしています。

と書いている。
二回目では、タミフルは豚インフルエンザには「有効ではないようだ」ということを、いろいろな報道から検証
している。
有効でもないタミフルを大量購入するために新型インフルエンザ騒動を意図的に演出しているという批判
なのかどうか(まだ分からないが)、今回の騒動に限ってみれば、その可能性はゼロではないとしても、より
長期的な視点で見れば、水増しどころか、実態を掌握し切れていない可能性のほうが高いのではないか。

厚生労働省のリスク管理批判としては、「現場からの医療改革レポート」が本質的な問題点を指摘している。
◆水際対策という愚行
海と空からの上陸を防げば国内への浸入は防げるという発想は、島国に由来するものか、それとも他の
狙いがあるのか?
ゴールデンウィークの帰国ラッシュには検疫官を普段の3倍に増員したと言われています。このような報道
が繰り返されることにより、厚労省の懸命な努力により、新型インフルエンザが水際でくい止められている
という印象が国民の中に形成しつつあるように感じます。しかし、あの報道や映像を見て、専門家は疑問を
感じています。」

問題点を、二点指摘している。
防護服は、「患者」から自らへの感染を防ぐと同時に、検疫対象となる他の検疫対象者への感染を防ぐの
が目的で、そのためには防護服は使い捨てにしなければ、防護服そのものが感染源になる可能性がある。
潜伏期間、約10日間の潜伏期間が想定されるが、「空港に着いた時に症状がなければ、どんなに検疫を
強化しても発見できませんから、すり抜けて国内に入っていることになります。
」一方、潜伏期間中であって
も、ウィルスは蔓延しうる。
厚生労働省検疫官の木村盛世氏は、自ら水際作戦の愚行を指摘しておられる。
厚生労働省が言っているのは、検疫による水際での封じ込め、ワクチン、タミフルの3点セットですよね。
でも、こんなの新型インフルエンザに対してはナンセンスです。
」(参照
ここでは、水際作戦のみならず、厚生労働省のインフルエンザ対策そのものが「ナンセンス」だとの指摘だ。
当然、検疫官の木村氏の発言は厚生労働省内部でも公然と発せられているはずだ。それにも拘らず、何故、
こういうナンセンスな「対策」しかできないか、この点は木村氏のインタビュー全体及びWEBサイト(参照)を
読んで、じっくり考えてみる必要がある。
これは、一厚生労働省の問題に止まらず、日本国そのものの「頭の働かせ方」にかかわる問題だ。(続く)
[PR]

by agsanissi | 2009-06-14 05:38 | ミミズの寝言


<< 絹さやの記録      「がん予防の十ヶ条」 >>