2009年 07月 21日

作業メモ

15.8/19.6度、10時頃に最高気温を記録、その後は下がる。午後には霧が入り、寒くなる。
雨は10時頃から時々降る、一ミリ以下でアメダス記録には載らない。

午前中は、東8に鴨糞を散布、鴨糞だけでソバを播種する予定、比較対照のため半分程度に
だけ散布(他は化成肥料を30キロ程度/反の予定)、三山を1時間程度で処理する。その後は
雨がやや強くなるため、中止。

午後、ハウス内(絹さや跡に鴨糞を散布+化成肥料)に西側から白菜(冬峠)、ほうれん草、
春菊、大根(くれない総太り2号か?)、モロヘイヤ(6/16、播種のモロヘイヤは気温、または
水不足のためか、遅々として進まず)を播く。

c0048643_22384467.jpg
17時過ぎ、雨やや強くなる。
18時以降、本降り。

◆ロイター電から
中国のタクラマカン砂漠で発生した大規模な砂嵐によって
舞い上がった黄砂が、13日間で地球を1周していたことが
分かった。
九州大応用力学研究所の鵜野伊津志教授(環境気象学)
らの研究チームが、英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス」
で発表した。

とのこと。
[PR]

by agsanissi | 2009-07-21 17:33 | 作業メモ


<< 「国民性調査」      新型インフル >>