2009年 07月 27日

新型インフルの「再生産性」

時事ドットコム(参照)によると、
冬を迎えている南半球で急速に広がる新型インフルエンザについて、1人の感染者から平均何人感染する
かを意味する「再生産数」が、ニュージーランドでは1.96と推定されることが26日、分かった。
オランダ・ユトレヒト大の西浦博研究員(理論疫学)らが解析したもので、季節性インフルエンザの1.1~
1.4よりかなり大きく
、新型の流行初期にメキシコで記録した速報値1.4~1.6よりも大きかった。
西浦研究員は「冬季という季節の要因が影響した可能性がある」と指摘。引き続き9月初旬にかけて感染者
は増加するとし、「仮に日本で今月末から8月に減少傾向になったとしても、南半球からの輸入感染者は
相当数に上り、再流行の引き金になりやすい」としている。

[PR]

by agsanissi | 2009-07-27 08:44 | ミミズの寝言


<< 大きくなったね!!      エンジン不調 >>