2009年 08月 01日

カボチャ摘果

昨日は終日曇の予報で、朝からほぼ快晴に近い晴天(14.6/22.7度、日照9時間、17時半過ぎに
急速に霧が入り、陽射しは消え、気温も17度まで下がる)。

左は17時半農場で、右は15分後に黒崎断崖の突端に建つ黒崎荘脇で海側を仰ぐ。
c0048643_7123610.jpgc0048643_7125429.jpg













今日は終日曇の予報で、2時半には早くも霧雨、3時過ぎには本格的雨に変わる。間もなく止む。

昨日は、カボチャの摘果作業。目的も作業内容も明確だけれど、いざ実際にやるとなると、初めての
作業で戸惑う。そもそもタネを播いてから収穫するまで、自慢にはならぬが、何かをやった試しがない。
・栽培指導書、WEBサイト、現代農業などから情報を集める。
・大まかに、西洋カボチャは親つる、子つるを含めて三本残し、他は切り捨てる。
・根元の着果は防ぎ、十数節目(十三と書いてあるものがあるが、適当に離れた場所と理解、なぜなんだ?)
に着果させる、または着果したものを残す。
・着果根元から伸びる孫つるは切り捨てる。

大まかに、そんな作業だろうと理解して始める。いざ始めれば、いろいろ問題が出てくる。(続く)
[PR]

by agsanissi | 2009-08-01 03:39 | 人参・カボチャ


<< 七月の天候      大きくなったね!! >>