2009年 09月 09日

秋めく/「干す」には絶好の日和

明け方から爽やかな晴天、4時頃南西の空に月が中空高く登り、南東の空に金星が輝く。
台風一過なのか、関東沖から太平洋上に大きくそれた後に、大陸からの高気圧が広く張り出してきた。
中間に弱い気圧の谷に伴う雲の帯が張り出しているが、9時過ぎには北緯40度線を下回っている。
雲は、上空の筋雲が僅かにかかるだけで、風は乾燥して心地よい。
6時の気温は、6/10以来三ヶ月ぶりに10度を下回る。9.7/24.3度、日照8.1時間

谷間の木々は、早くも紅葉(といって良いのか?と迷っていたが、この時期になると疑いもなく「紅葉」だなと
感ずる)するものが散見され、畑シメジの走りは8月末に採れ始めた。一日の雨が効いたのか、この数日、
群生しはじめた。
ほんのり赤みのさしてきた桃を洗って干し、梅酒ならぬ桃酒をつけ込む。

c0048643_1905892.jpgc0048643_1911977.jpgc0048643_1914384.jpg
[PR]

by agsanissi | 2009-09-09 10:45 | 気象/季節メモ


<< 計画/繰り返し参照      小麦の最終選別 >>