2009年 09月 10日

戦略的オンチ

YOMIURI WEBから(参照
――首相官邸、9日午前11時5分 麻生首相が秋山昌広・海洋政策研究財団会長との面会で、ついに後悔
の念を口にした。
 「(昨年)10月に選挙をやっていれば、こんなに負けていなかったかもしれないが……」
 「選挙の顔」と期待された首相は昨年9月の就任直後の衆院解散を模索したが、「政局より政策」と景気対策
を優先して先送り。今なお党内では「あの時解散していれば」との恨み節がくすぶる。
 首相は秋山氏に対し、「(解散すれば)金融恐慌に対応できなかったし、経済の立ち直りはなかった。(選挙)
結果を犠牲にして、経済のためにやってきた」と、自らに言い聞かせるように振り返ったという。
 しかし、首相の“悔恨”を聞いた自民党職員は吐き捨てるように一言。「まだ分かってない。麻生さんを選んだ
こと自体が間違いだった
んだ」(中略)
 約1時間の会議終了後も、小池百合子・元防衛相が待ち構えたテレビカメラの前で無言を貫くなど、15人の
出席者の口は一様に重かった。「それぞれ好き勝手に発言されると混乱した印象を与える」(出席者)とかん口
令が敷かれた
と見られ、ピリピリした雰囲気。
 しかし、山崎拓前副総裁が昼のテレビ番組で言い放った。「2世、3世、官僚出身は一切総裁選に立つべき
ではない」


いまさら実証の方法はないが、解散・総選挙の時期としては、総裁選出直後、年末、今年3-4月の三つの
時期(民主党にとっての最悪期)が可能性としては考えられた。
1.総裁選直後は、新たな総裁に選出されたが、「国民の信任・負託を得ていない」という大義名分があった。
2.リーマン・ショック後の解散は、誰が考えても、まず不可能。一連の対策と方針を明確にした上で、年末に
解散する可能性は有り得た(対策と方針の出来不出来次第)?
3.いまから振り返ってみれば、3-4月時点での解散がもっとも賢明な選択(敵の最弱点を攻めろ
4.そのどの時期も、自ら選択できなかったことは、政治的決断力の欠如と戦略的オンチを明らかにしている。
5.自民党の敗北は、遅かれ早かれ、歴史的には避けられない帰趨ではある。麻生以外のものであれば、
また仮に麻生であっても、解散総選挙の時期を見極める戦略眼があれば、もっとましな負け方をすることは
不可能ではなかった。
6.このような時期に、このような総裁を選ぶのは、「良かれと思って選択する手段が、すべて裏目に出る」
という滅び行くものの必然的選択なのかもしれない(安部、福田以来の三代を通して)。
7.しかし大敗したことは、自民党にとっては、むしろ「幸い」した可能性もある。
8.次の総裁に、誰を選ぶか、選べるかが、鍵になる。
9.とはいえ、このまますんなり民主党・自民党の二大政党制へと移行しうるとは考えられない(民主党の
内部分裂の可能性、反小沢派の胆力次第か?)。

[PR]

by agsanissi | 2009-09-10 05:48 | ミミズの寝言


<< 作業メモ      食パン >>