2009年 09月 20日

食料自給率維持の国家戦略/中国

農水省農林水産政策研究所が8日、東京都内で開いたセミナーで、中国浙江大学経済学院副院長の
顧国達教授が報告した話として、日本農業新聞「農net」(参照)に、次のような記事が載っている。

・中国政府は、95%の食料自給率を保つことを国家戦略として掲げる。人口が増える中で農業生産の拡大が
必要だ。しかし中国の耕地面積は、砂漠化や土地流失、工業団地、高速道路建設などの開発で毎年減り続
けている。2008年の耕地面積は、1億2200万ヘクタールと01年に比べ4.6%減った。政府は耕地減少に
危機感を持ち「最低でも1億2000万ヘクタールを死守する」という政策を打ち出している。
・同時に遺伝子組み換え(GM)技術の導入などによって単位収量の増加を目指す。


参考:農水省農林水産政策研究所のセミナーでの顧国達教授の「中国の食糧貿易と食糧安全保障」の
概要及び配布資料参照、PDFファイル
[PR]

by agsanissi | 2009-09-20 04:54 | 参考記事


<< 秋めく      小麦播種 >>