農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 22日

来年に向けての作業改善/自家菜園

1.インゲン、菜豆
播種時期を遅らせる(テントウムシダマシ対策、今年は異常か?)⇒6月中頃から末にかけて波状的に
・大紅花菜豆(今年は6/12、これは現状で良いか)
・丈夫な支柱
・下草刈り
2.絹さや
・株間・畝間を広げて、風通しと作業性を良くする事
イ.畝間は1.5メートル以上とすること
ロ.株間は、生育状況をみて、大胆に間引きをすること
ハ.支柱は、高さ1.8メートル程度を目安に、しっかりとした丈夫なものにすること。
上部は番線を利用して固定。(以上は、09/07/16のコピー
c0048643_17205341.jpg
・写真は、7月後半にこぼれたタネから自生したもの
(播種時期の工夫次第で採取時期を延長できる、ハウス内?)。
二ヶ月程度延長できる可能性

3.カボチャ、人参、ゴボウ
・輪作体系の中の位置づけ
・経営上のウェイトの置き方(ゴボウの取引先?
4.技術的な作業改善(以下は09/09/10分のコピー
a.絹さや&菜豆の支柱(倒れないシッカリしたもの)
b.カボチャの伸びの方向性&摘果時期(必要度の検討?)
収穫方法、運搬・運び出し(トラクターorユンボ)
c.ゴボウの畑準備(作業手順)、播種方法(09/08/07参照)、出芽斑
d.ジャガイモの培土方法(培土機の工夫、カルシウムの追肥などの可能性、液肥?)
e.野菜類の栽培暦作成(ルーチン化
[PR]

by agsanissi | 2009-09-22 13:47 | 作業メモ


<< 食パン/ナンブコムギ      中国の「歪んだ」消費構造 >>