農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 09日

台風一過

沿岸北部一帯の中では、普代村の雨は特に酷かったようで、テレビで何度も報じられたとか、
何人もの方からお見舞いのメールや電話を頂いた。知らぬは当人ばかりなりで、渦中ではさほどにも
感じなかった。
結局、昨日の雨は258ミリに達し、日最大雨量としては観測史上三番目の記録になった。

今朝は、早朝に漁師の友人がやってきて、畑に通じる途中の道路が崖崩れで通行止めになっていると
知らせてくれた。9時前には、早くも復旧工事が始められ、片側通行になっていた。
但し、黒崎に登る海岸側の道路は、終日出されていた波浪警報を受けて、日中になっても通行止めが
続いた。時折押し寄せる高波が、海岸道路にもろに覆いかぶさっていた。

c0048643_19142622.jpgc0048643_19151975.jpg
9時1分、台風一過の
北の空に虹が出ていた。
ここは標高が最も高く
強い北東風が斜面に
沿って吹き抜けた様子
で、デントコーンとその
反対側にあるダイズ畑
の傾きが(倒伏とまで
は行かぬ)最も厳しい。







c0048643_19215763.jpgc0048643_19224450.jpgc0048643_19231713.jpg









畑にたまった水を流す谷間の水路が大きく抉られて崩落し、軽トラックがようやく一台通れる程度の
道路が、辛うじてつながっているだけの場所があった。

c0048643_1934526.jpgc0048643_19354270.jpg
出芽して間もない
小麦が、流出した
泥を被った。
全体の1-2割、
実質的被害は
これ位か?
[PR]

by agsanissi | 2009-10-09 19:21 | 気象/季節メモ


<< いわて生協久慈支部の産業祭      台風18号 >>