農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 30日

年末低気圧の通過

暴風と高波及び大雪に関する全般気象情報 第1号(気象庁サイトから転載)

平成21年12月30日04時50分 気象庁予報部発表

(見出し)
 31日から1月1日にかけて日本付近は強い冬型の気圧配置となり、西日
本の日本海側や東日本、北日本では暴風や高波、大雪に注意・警戒が必要です。

(本文)
 発達中の低気圧が日本海にあって東北東へ進んでいます。今後は急速に発達し、
31日朝には北海道付近へ達する見込みです。31日から1月1日にかけて日本付近は
強い冬型の気圧配置となるでしょう。

[防災事項]
<暴風・高波>
 西日本の日本海側や東日本、北日本では31日から1月1日にかけ、沿岸、海上を
中心に風が非常に強く吹くでしょう。
 予想される最大風速は、
  陸上で18から20メートル、
  海上で20から25メートルの見込みです。
 また、北日本の日本海側から山陰にかけての沿岸では、31日から1月1日にかけて、
波の高さが6メートルの大しけとなるでしょう。
 暴風やふぶきによる交通障害、高波に厳重な警戒が必要です。
 1月1日以降も北日本と北陸地方を中心に暴風や高波が続くおそれがあります。

<大雪>
 東日本と西日本の日本海側と北日本では、31日から1月1日にかけて、大雪となる
おそれがあります。また、中国地方の瀬戸内側では31日に、東海地方では31日から
1月1日にかけて、平野部でも雪が積もるおそれがあります。

 31日06時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、
 北海道地方             50センチ
 東北地方・北陸地方         30センチ
 東海地方・関東甲信地方       20センチ
 近畿北部・中国地方・四国・九州北部 10センチ
の見込みです。

 大雪や路面凍結による交通障害、電線や樹木への着雪などに注意・警戒して下さい。
また、積雪の多い所では、なだれにも注意して下さい。
 1月1日以降も東日本の日本海側と北日本では大雪となるおそれがあります。
[PR]

by agsanissi | 2009-12-30 16:19 | 気象/季節メモ


<< 戻る      小麦の様子 >>