2010年 03月 14日

畑/山の様子

昨日は四日ぶりに山に行った。
長靴もシャベルも、山の作業場に置きっ放しだし、車は雪にうもって動けないし、
畑に行ったところで、緊急の仕事はないし(ハウスのビニールを張らなければだが、強風でできないし)、
家篭りで、フランス語三昧に明け暮れていた。
さすがに四日目となると、ヤギも心配になるし、雪も12、13日の晴天で急速に融け始めたし、
隣からシャベルを借りて、車の脱出路だけを開けて、山に行ってみた。

平地でも「60~70センチに達したのだから」融けたとはいっても、「まだまだ」と思っていたが、意外にも
畑のほうが雪が少ないように見えた。実際の降り方がどうだったのか、分からないが、
自宅と畑は、直線距離にして2-3キロしか離れていないのに(標高は数メートルと二百数十メートル)、
海岸線の地形が複雑なせいか、時に気象条件(風も、雨も、雪も、霧も)が全く違うことがある。
まあ、一般に山のほうが厳しいけれど、いつでもそうだとは限らないところが、中々、複雑だ。

勿論、畑はどこもかしこも全面真っ白だけれど、それでも三月中ばともなると、二月の頃とは大違いだ。
気温は依然として低いけれど(尤も、昨日は、日本海側の低気圧が暖かい風を呼び込んだのか、朝の
4時~6時頃から急上昇し、6時には最高気温の11度を記録、その後は下がる一方)、地温が高いのか
畑の雪の融け方は、急だ。

今日の、三陸付近の等圧線の込み入った状態は明け方までがピークで、その後は穏やかになりそうだ。
海上の大荒れは今日いっぱい続くだろうけれど、陸上は午前中には穏やかになりそうだ。
今朝の4-5時頃は、強い風が吹きまくっていたが、6時になると嘘のように収まった。
(尤も、これは一時的な”ダマシ”のようで、今日一日は強風注意報が出ている。週間予報では、今日
よりも明日の午後の方が、高気圧の中心が抜けて「ヘリ」に入るせいか「強い風」の予報が出ている。)
今日は、ビニール張りが出来るか?(全くの無風状態より、一人で張るときは、多少風があった方が
凧揚げのように、都合が良い場合がある。)

c0048643_7524148.jpg

今年1月初めから昨日までの
和野山付近の気温変化を見ると、
二月の5日頃が底で、昨日が小ピーク。
この後、ちょっと下がって、今週後半に
向かって上がり気味というところか。
[PR]

by agsanissi | 2010-03-14 06:20 | 気象/季節メモ


<< ビニール張替え      雪の朝 >>