2010年 05月 05日

作業メモ

どうしてそういうことになるのか分からないが、いずれ緯度的・地形的影響とは思うが、
普代(または、その周辺は)気象的「特異点」ではないかという印象を、かねてから持っている。
昨日の13時(一日と通しても)に、東北全体を通して普代が日最高気温を記録した。北部沿岸部
一帯に高温域が集中し、内陸から日本海側にかけて緩やかに低下している。

5月初旬の最高気温の平年値は17度前後だから、10度以上も高いし、つい一、ニ週前には
最高気温が3度、7度、8度という日もあったのだから、この変化に対応するのは、かなりキツイ。
尤も、山の木々は、一斉に芽吹き始め、まさに「目に青葉....」の季節を満喫している風情だ。

c0048643_456226.jpgc0048643_4564649.jpg
















5/2、大玉トマトをハウス内に定植(自家用)、和野山でコゴミを採取(去年より一週程度遅れ)
5/3、西8に鴨糞を散布(ユンボで)
5/4、西8に、カボチャ用のロータリー(一昨日鴨糞を散布)をかけ、今年から加工用カボチャを本格的に
出荷するのに備えて、やや早めに出荷できるかどうか、マルチを張る(50メートル)。播種は明日。
午後、東8に男爵芋550キロ程度を播種。更に種芋(自家採種)が400-500キロ残っているが、
これは無肥料で試験的に播種する予定。
5/5、カボチャ250-60株播種(内100株はマルチ)、地キュウリ(自家用)播種
午後から東8に男爵播種(600キロ弱、14列、無肥料)
コゴミ、タラの芽など、この数日にびっくりするほど大きくなる。
[PR]

by agsanissi | 2010-05-05 05:25 | 作業メモ


<< この十日間      ユンボ修理 >>