2010年 06月 04日

ダイズ播種の準備

10.3/17.2度、日照3.5時間、朝から下層雲が広がり、昼前には全層雲に変わり、12時15分
ポツリポツリと、時おり思い出したように落ちてくる。明日あたりは天気が崩れるかと思っていたが、
一日早く、とは云え遠慮がちに雨が降り出した。15時やや強くなる。プラウは3/4で中止。

ダイズ畑を準備するため(つい数日前、ダイズを播きたいけれど、「まだ間に合うかしら」ときかれて、僕はまだ
播いてないよと応えたら、妙に安心したようだった。一方、「カボチャは、まだ間に合うかしら?」と別の人に聞か
れたが、こっちは「もう播種限界だね」と応えたら、こちらは慌てていた)東14にプラウをかけた。

c0048643_20325151.jpg炭素貯留実験とやらの妙な実験で、去年の末に
東5の「畑の表土を30センチの深さではいで、そこに
堆肥を反当4トン投入し、再び表土を被せる」という
かなり大掛かりな工事を実施した。
狙いは、
・(炭酸ガス排出規制に伴う)炭素貯留効果
・堆肥投入に伴う生産力向上効果
を計ることにある、ということらしい(僕は、
「名前を変えた公共土木工事」と見ているが)。
工事の効果を計るために、対照畑として東14を選び
東5と東14にダイズを植えることにした。
対照区を設けて、収量を比較して、工事の効果を
計るということらしい(顕著な効果があるとは、到底
考えられませんね!!)


というわけで、まずは東14にプラウをかけ、その後、サブソイラー、ロータリー+グレンドリルで播種の予定。
東5は、去年、ゴボウを播種する予定でトレンチャーをかけたので(余りに下層土が悪いのでゴボウはやめた)、
サブソイラーはかけず、ロータリー+グレンドリルで播種の予定。
[PR]

by agsanissi | 2010-06-04 20:55 | ダイズ


<< 五月の天候      ジャガイモに中耕カルチ >>