農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 06日

サブソイラー

7.4/21.7度、日照10.9時間、明け方は濃霧に覆われ一時陽射しはゼロになるが、まもなく回復してのち快晴。
盛岡地方の今日の日の出は4:08(⇒参照)、4時8分、庭に出てみる。北北東、約80度の位置に真っ赤な太陽が
樹間に登ってくるのが見える。
黒崎に越してから、約二週になるが、日の出とほぼ同時に陽射しが見えるのを確認したのは今日が初めてだ。
水平線は見えないが、それよりやや上の位置、多分、見えるか見えないかのギリギリのようだ。5時過ぎ、霧が
入ってくる。まもなく視界は50メートル程度に、陽射しはゼロ、寒くなる。向かい側の家が見えない。
5時から8時台までの日照時間(アメダス)は、0.3、0.6、0.0、0.2、9時以降は1.0になり、終日、快晴。霧は
普代川方面の低い位置に棚引(霧も棚引と云うのかな?)。日照時間は、ある程度以上の日射量を測るから
この時期の4時台の0.3は快晴。のちゼロになり、まもなく回復。(Google地図で、岩手県普代村和野山と
検索すると普代川と畑と黒崎と海の位置関係が一目瞭然になる)。

総じて初夏の陽気。今日は早朝からよく働いた。尤も、実労働時間はそれほど長くはない。
朝一番で、東14にサブソイラーをかける。1時間ほどでサブソイラーを支える右側のピンが脱落してしまい、
すぐに気付いたので事なきを得たが、それでも復旧にはかなりの時間と力が必要だ。どうするか思案の時間を
かけるため、これは放置したまま別のトラクター(JD61)でロータリーかけに変更。
西7の人参用の畝に再度ロータリー。更に、カボチャ用の畝の脇にアズキ用の畑を作るため5列、80×10㍍に
ロータリーをかける。更に更に、ポツポツ発芽の見え始めた西8のカボチャの畝間にロータリーを軽くかけ雑草
退治。以上で1時間程度。
ハウス脇に自家用の地キュウリを補植(5/05に播種したが、発芽状態が悪いし、生育も悪い)。

午後になって、サブソイラーに戻る。トラクター操作と自力だけで復旧することにして(ユンボは持ち出さず)、
東14の現場に行く。約半時間で復旧。時速3.1キロ程度のゆったりペースで走る。当然、あれこれ思案が
浮かぶ。一時は、音楽を聞いたり、フランス語を聞いたりしていたが、あれこれ思案の方のが良いので止めた。
ジャガイモの畝間にサブソイラーは、どうだろうか?(去年は人参の掘り取り前にディガーの走行路にサブソイラー
をかけ、これが奏効して大雨の被害が軽減した)試しに往復二列掛けてみた。ジャガイモの茎葉が大きくなりすぎて、
ちょっと無理がありそうだ。時期を選べば、良いかも知れない。

◆6月中の作業
・ジャガイモのカルチ&培土
・人参播種、一系列2.6万株として何系列植えるか?
・ダイズ(スズカリ、黒、緑。それぞれ1.5、1.2、0.7か?スズカリ1.5の内1.0は東5、0.5は東14)
・余裕があれば、東23に鴨糞散布(7/10までに、ロータリーのみで?ソバ播種)
[PR]

by agsanissi | 2010-06-06 23:17 | 作業メモ


<< 人参/カボチャ/小麦      五月の天候 >>