農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 16日

男爵小芋播種

c0048643_19252716.jpgc0048643_19254768.jpg
昨日は、前日の雨で畑が軟くなりトラクターが沈みすぎる嫌いがあるので播種は延期した。

今朝から、男爵小芋を全粒で播種。
播種作業そのものは単純で、この播種機で「施肥をして、土を被せ、芋を落とし、
更に土を被せ、鎮圧する」一連の行程を処理する。大粒芋の場合は、自動的に半切にして、一定の播種間隔で播種しながら同じ行程を処理する。かなり優れものの機械だ。
トラクターのタイヤ間距離が144だから、前列の踏み跡に前輪の中心を合わせてやれば、自動的に72の畝間間隔になる。と、言葉で云うのは簡単だが、2-3センチのズレでも、後々中耕・培土作業に響いてくるから慎重を期するところだ。
約3時間で、1.4トン播種。250メートル×50列、株数にして4万株強(計算上)。
肥料はジャガイモ用に調整してもらった化成肥料を1.2トン、窒素分にして9kg/反程度。
前回のキタアカリの播種間隔がやや広い傾向なので、今回は走行スピードを4.0-4.1km程度に落としてみた。
[PR]

by agsanissi | 2005-04-16 20:09 | ジャガイモ


<< 中休み      播種準備 >>