農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 12日

カボチャの栽培法

◆摘果は必要かどうか、また摘果によって食味は向上するのか?
・「短節間カボチャ食味向上栽培法試験」(参照)によれば、
摘果や栽培法の違いにより、収量・品質に何らかの影響が出ると推察したが、収穫後 2 週間を経て
糖度分析や食味に影響が出たとは思えない。
摘果で十分な効果があれば、手間をかける価値は十分にあるが、差はそれほど見られなかったため、
あまりお勧めできる作業ではない。
今回の試験の意図とは違うが、摘果するよりも二番果までの収穫したほうが良いので
はないかとの結論に達した。栽培マニュアル等では、一番果のみの栽培が妥当とのことだが、草勢が
強いことなどから、二番果は十分食用になると考えることができる。
調査前は、摘果が糖度にも影響を及ぼすと考えていたが、むしろ、直播のほうが食味に良い影響
及ぼしたと考えられる。
[PR]

by agsanissi | 2010-12-12 21:12 | 人参・カボチャ


<< 雑草対策      カボチャ >>