2010年 12月 13日

慌ただしい一日

今日は、今年初めての昼間から底冷えのする「冬らしい一日」だった。
朝方の最低気温はマイナス3.4度、日中最高気温は5.6度、日照時間はゼロ。
12月8日の気温は、ほぼ終日4度前後で日中最高気温は今日よりも低かったのに、「底冷え」の寒さを感じなかったのは、
終日、忙しく立ち働いていたせいだろうか。それとも、今日の風の強さが身に滲みたのだろうか。
夜、19時過ぎ雨になる。南から押し上げられた前線が暖かい空気を運んできたのか、一時、7度まで上がる。

朝から久慈の県立病院に「定期健診」に出掛け、その前に久慈の「市日」を見て回り、13時半に帰宅。

14時半から、昨日、一行だけ刈り残した緑豆を刈り取り、これで今季のダイズの刈り取りは全て完了。
スズカリは、ざっと見たところ紫斑病が多く、粒も小さく、全体に質が落ちる。
比較して黒ダイズ&緑ダイズは、見たところ質が良い。播種量に対する収量の倍率は緑豆で十数倍から二十倍か。
[PR]

by agsanissi | 2010-12-13 20:44 | ダイズ


<< 定期健診      雑草対策 >>