2010年 12月 15日

ジャガイモ収穫機

ジャガイモの収穫機も、今年で15年目に入る。
今後、まだまだ、自分と機械とどっちが先にくたびれるかというほど活躍してもらわなければならぬようだ。
というわけで、この数年、先送りにしてきたかなり大規模な点検修理・部品交換を、いよいよしなければならぬ。
機械の全体像に関心のある方には
07/08/07の記事(参照)や09/08/08の記事(参照)を見ていただくとして、ここでは自分の心覚えと決意の
意味で部品交換・修理箇所を摘記しておく。

c0048643_20585852.jpg
芋、土、雑草など一緒くたに送られてきて、
草や雑草類などが芋や土と分離され、
ゴムローラーで草などが絡め取られ、
前に落とされていく仕組み。ヨモギの根など
で酷使した結果、ゴムがすっかり剥がれて
半身不随になってしまった。
ローラーごとの交換














c0048643_217215.jpg
後ろの籠ローラーを回転させる送りゴム。
送りゴムがすっかりすり減って、芋が抜け
落ちないようにするカヴァーとの隙間が
空きすぎて、かなり大きな芋までが落ちて
しまう。
この籠ローラーで芋と土とが分けられ、土
が篩い落とされるが、芋まで落ちるように
なって、いよいよ無視できない状態に。
細かい点検をしてないが、多分、籠ローラー
周囲のッベアリング関係も消耗している
のでは...。










c0048643_2120671.jpg
うしろのステアリングタイヤの向きを
示す指示プレートの位置がすっかり
狂ってしまって、トラクターの運転席から
はタイヤの向きが見えないことがあり、
微妙な運転操作が難しくなってしまった。
これはちょっとした修理。















c0048643_2128331.jpg
畑から畑への移動中、一瞬の不注意で
左側につきだした屑タンクを道路脇の
電柱にぶつけて、タンク全体を曲げて
しまった。
ユンボで力任せに曲がりを修正したけれ
ど、これ以上「力任せ」にやって良いものか
どうか、他に歪みが波及しないかどうか
慎重に検討しなければならない。














c0048643_21363653.jpg
最上部の選別ローラー。35グラム前後
で自動排出を設定していたけれど、やや
大きめにシフト、来年度からは60グラム
前後を選別基準に変更する。
[PR]

by agsanissi | 2010-12-15 21:39 | ジャガイモ


<< 糖尿病と肥満      カボチャの食味/2 >>