農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 23日

風雨強まる

・3時ころ起きる、6時ころ埼玉に向けて出発する予定、明日に延期するかどうかだが、今晩から寒気が入り
内陸部は雪の予報。風雨と風雪とでは、どっちが良いか?というところ。
・昨夜21時の天気図は、2006年12月27日の天気図と似ている。気圧は994Hp。
c0048643_10264072.jpg

・3時25分、雷。窓に叩きつけるような音、薄暗がりの中、外を見ると真っ白に見える。
一瞬、雪かと見紛うが霰か雹のようだ(これは粒の大きさの違いだけで、似たような
もんだ)。気温は2時に6.6度あったが、4時には1.5度まで一気に下がる。
・雷と共に、一時、ネット通信が途絶える。4時過ぎ回復。PCは切る。
・昨夜の最大瞬間風速は18.4メートルで歴代7位、12月の記録として1位にあたる。
尤も、これは明日になれば破られているかも知れない。



c0048643_10285363.jpg






・レーダー・アメダスを見ると、3~4時が雨のピークのようだ。風は続くにしても、
雨は峠を越えたか。
・1時間雨量で見ると3時台に27ミリ、総雨量は95-100ミリ程度。岩泉の
小本川流域では2~3メートルを超え氾濫の危険水位に達している。
・出発しようと外に出たところ、一瞬目を疑う。ついさっきまで霙か霰だったのが、
大雪に変わっている。春の淡雪のような、大きな湿った雪だ。今日の出発は見合
わせようかとも思ったが、2-3時間も走れば晴天域に入るだろうと出発(6:15)。


・結果として、これが甘かった。雪はほとんどシャーベット状に変わっているが、所々、凍結している。
ちょうど3-4月頃の南岸低気圧のように、まるで春の大雪のように、湿ってずっしりと重い。
・久慈から281号線を通って、途中、九戸方面に右折して九戸インターから東北自動車道に抜ける予定。
久慈渓流は濁流に変わっている。281号線から盛岡に抜ける大坊峠は大木が国道に跨るように倒れ、
「全面通行止」との道路表示をみる。
・自宅を出て1時間半、右折して340号線に入り、九戸インターまであと18キロの地点で、突然の渋滞。

c0048643_10481022.jpg
前方で、バスが道路に真横になって止まっている
ように見える。さては、バスがスリップして道路を
塞いでしまったかと思いきや、なんとUターンして
もどって行く。
黄色の点滅灯をつけた道路監視の緊急車や
工事車両のような車が反対車線を前方に向かっ
ていく。どうやら、事故のようだ。
まもなく、道路関係者か?説明して廻っている。
大型トラックのキャビンを倒れかかった大木が
直撃し、立ち往生している。復旧の見通しは
わからない。「かなり掛かる」と。
今日の帰宅は即座に諦めて、自宅に戻る。
最初の一瞬の懸念を強行したのが間違い。
120キロ、往復3時間。やれやれ!!

自宅に戻って、PCをつなぐと「リアルタイム
防災情報」&「いわて河川情報」がメールで
続々と入っている。
久慈、普代方面の各地の河川で「特別警戒
水位」を超えたという情報だ。

もどる途中も、三箇所で国道に濁流が流れこみ
片側通行になっていた。
[PR]

by agsanissi | 2010-12-23 04:29 | 気象/季節メモ


<< 僕の農閑期      机上農作業/播種想定実験 >>