2010年 12月 29日

「年末恒例」

http://sanissi.exblog.jp/m2009-12-01/
とアドレス欄に入れると、去年の12月の記事一覧が出てくる。18日から30日にかけて
年末低気圧、小麦の様子、人参の土中保管、真冬日....などの記事が並んでいる。6日には「加工用生産へのシフトに
伴う問題点」(すっかり忘れていたな!!)という記事まで出ているではないか?!(進歩がないのか、先見の明があったのか、
後でシッカリ検証してみよう)
・今年は、小麦はすっかり蒔く余裕がなかった。気象条件と畑の条件と主体的意欲の複雑な絡み合いの結果だ。⇒緑肥として
来春には蒔く予定(これは不可欠、輪作体系の中での位置づけの再検討)
・人参の土中保管⇒畑にそのまま置いて来春掘り取る⇒3~4月の状態&追肥時期&方法の検討

・さて、年末低気圧。
c0048643_5341430.jpgc0048643_5343797.jpg

















23日に転載したのと殆ど同じ気圧配置(少なくとも列島上空は)になっている。
29日03時47分には、岩手県沿岸北部に「暴風雪」警報が出された。この低気圧が三陸沖に抜けた後には、大陸からの寒気が
南下してくる。普代村の気温は昨夜24時の1.6度から29日5時には0.4度まで下がってきた。降水量はゼロ、この後、どう変わる?
⇒23日から24日にかけて、太平洋南岸を北上した低気圧が三陸沖に抜けた後、大陸の高気圧が張り出し、西高東低の典型的な
冬型気圧配置に変わったが、今回は50~40度付近にあった低気圧が南下し、西低東低の気圧配置に変わり、等圧線も疎で
(24日に比べれば)比較的穏やか。(10/12/30、AM8時追記

・30日午前9時の上空5000メートルの気温予想は、下図のとおり。

c0048643_5562370.jpg

[PR]

by agsanissi | 2010-12-29 05:45 | 覚書


<< 加工用生産へのシフトに伴なう課...      「加工ジャガイモのつくり方」を... >>