2010年 12月 29日

加工用生産へのシフトに伴なう課題及び問題点/2

まず、去年の12/06に書いた「加工用生産へのシフトに伴なう課題及び問題点」の記事を再録しておく。
これから何年か、この同じ問題を取り上げるかと思う。昨日の「加工ジャガイモのつくり方」を読んでも同じ問題意識から派生したが、
こちらは主に栽培技術に関連する問題。対して前者は経営上の問題点を含む総合的な視点から派生する問題点を考えてみる。
(といって、それほど厳密に区別しているわけでもないが)

1.ジャガイモ
・生協用と加工組合用(及びコロッケ用)の二本立て(ないし三本立て)になるが、L・M中心、2L以上中心、S以下と
量的配分は問題になるが、実質的に競合関係はない。⇒DRUPのコロッケ用はなくなる可能性が高い。加工用には新たに
デリカが対象になるが、当面、競合関係は発生しない。S玉は、別途に考える必要があるかも知れない。

・但し、加工用は大玉中心と考えれば、品種的にはワセシロが良い。大玉化に伴なう空洞の発生率も少ない。
⇒将来的には、加工適性との関係で再検討の可能性がある。
・肥大化促進のための具体的措置(質を落とさぬこと、追肥の可能性?ルビクスの応用?)(12/10)⇒ルビクスの代わりに
アミノ酢糖+PK液肥の組み合わせ。Nは、あくまでも樹勢によって追加的・補助的要素として考える。新たに、当初、無肥料を
試験的に導入する。

・75×30は現状通りで良い、ルビクスの回数及び追肥(液肥、Caを含む)の検討(12/10)
・培土の問題点(時期、方法、機械の改良可能性)(12/10)
・堀取り時期は、9月まで延長して考えられ、出荷時期も調整できる。⇒11月まで延長できるのに伴い、畝の再整形&雑草対策
・ワセシロの選別問題(独自にやる?、L・Mを生協用に廻すにはどうする?)⇒独自にやる、作業場内の選別システムの整備

2.カボチャ及び人参
・出荷時期を9月末から翌年3月まで延長出来るか?(12~1月までは問題なし。2、3月ないし4月まで保管
した場合の劣化の可能性)⇒来春の見極め次第。
・劣化の程度、劣化を防ぐ保管法(量的には2~3トン、現在の保管庫で対応可能、温度・湿度の問題或いは土中??)
・人参は、300-450グラム中心にシフトすること(播種間隔、施肥法、堆肥など)⇒120グラム以上にシフト。新たにACCとの関係。
・人参の品種は、継続で良い⇒ACCとの関係で再検討の余地。
・播種方法と側状同時施肥の方法(12/10)⇒三条植え、株間は検討の余地有り
ジュース用加工用途がなくなった場合の対応(継続のための方法?)
・カボチャは、2~3千個の風乾と保管場所・方法⇒簡易屋外保管施設
・カボチャの畑での収穫・積出・運搬は、どういう方法が良いか(トラクター、ユンボ)
(*青字は、10/12/29追記
[PR]

by agsanissi | 2010-12-29 19:53 | 覚書


<< 「加工ジャガイモのつくり方」...      「年末恒例」 >>