農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 11日

「加工ジャガイモのつくり方」を読んで/補

輪作、前作、連作(以下は「バレイショ増収1000問答」から)
・根菜を続けるのは輪作とは言えない。ソウカ病は根菜全般に共通な細菌性病害でケロイド状の病斑を作る。
・(野菜作の後は)多窒素と高いpHにより、ストロン伸張を刺激して、株当たりイモ数を減らし、茎数1~2本の場合と同じ欠陥
・(麦など前作の)収穫後は早い時期にチョッパーをかけて裁断し、反20キロの硫安と共にすき込み、腐熟させる。粗大有機物
のすき込みは乾燥害を招く。
・農業試験場の連作試験、多くの作物は3年目までは減収するが、4年目以降は施肥が充分なら回復するという結果が出ている。
しかし土壌病害を持ち込まないという前提で、実際とはかけ離れている。
・ソウカ病対策、輪作以外にはなく他のものは姑息で不経済
・土壌型、俗にいや地とか退化現象とか云われる反収減少の原因は、ウィルス病や土壌病害によるもので、土壌の型によるもの
ではない。ジャガイモは、土を選ばない。

***************************
【日々雑纂】
・自分がポテトサラダ用のジャガイモを出荷するとなると、どんなポテトサラダが実際に市販されているのかいろいろ「試食してみなければ」と
思って、近所のスーパーで「北海道産男爵ポテトサラダ」というのを買ってみた。原材料はじゃが芋、胡瓜、人参、玉葱、紫玉葱、半固体状
ドレッシング、液糖、食塩、調味料、pH調整剤、グリシン、増粘多糖剤、香辛料。まず「半固体状ドレッシング」がマヨネーズのことかどうか
分らないが調味料の味が濃すぎてジャガイモの旨味が分らない。というより旨味の足りないジャガイモの味を調味料でごまかしている感じ。
ホックリしたジャガイモ本来の旨味が足りない。100g中の栄養成分が201Cal、タンパク質、脂肪、炭水化物が3.5,10.2、23.8だから、
仮に蒸しジャガイモ80にマヨネーズ15とすると、170Cal、1.4、11.3、19.7になるから、後は日持ち向上と舌触りのために加えたグリシンと
増粘多糖剤で、微妙な味と風合いの調整といったところか。「北海道産」といったところで、皆んなが美味いわけじゃない。娘は、このジャガ芋
の味を「蒸したジャガイモを、いったん冷凍したような味(ザッらとした感触がある)、冷凍すると味が落ちるんだよね」と評した。
・岩手県の12月~翌2月にかけての日照時間(1971~2000年の平年値)を、内陸部と沿岸部で比べてみると
沢内村は47.4,40.3、54.6時間(総日照時間の11.4%)
湯田町は36.7、31.2、45.7時間(67、141、171センチ)、ともに雪の深いところで、()内は積雪量の最大値の記録、沢内村は記録がない。
盛岡市は104.4、124.0、128.9時間(17、27、33センチ、総日照時間の20.5%)
二戸市は85.0、89.0、99.5時間(10、22、36センチ)
やや沿岸部に近い
葛巻町は93.9、95.0、107.2時間(積雪記録はない)
沿岸北端の
種市町は119.4、125.6、123.2時間
普代村は128.7,132.6、130.2時間(総日照時間の21.7%)
沿岸南端の
大船渡市は139.6、148.6、141.9時間(4、7、9センチ)
これがさいたま市になると、180.2、186.8、183.2時間と年間を通しても、最も日照時間が長い時期(総日照時間の28.8%)になる。
・「文明としての江戸システム」から。農村の経営単位としての「直系家族制」の成立、近世以前の農村は、隷属農民(譜代、名子など
と呼ばれた)を使った粗放的な経営が特徴であった。ところが市場経済の拡大・浸透にともなって家族労働力を中心とする労働集約的な
農業経営が成立する。並行現象として世帯規模の縮小と単純化(オジ・オバなどの傍系親族や隷属農民を含まない直系家族のみから
なる家族)、皆婚社会、74-77.p
⇒「農家」という言葉に集約される「家族労働力を中心とする労働集約的な農業経営」は、基本的に今も引き継がれているか。というより、
既に17世紀後半には広範囲に成立していた経営形態かと思うと、その根源的根深さにある種の感動を覚える。
・前に(1/06)「加工ジャガイモのつくり方」を読んで/7で、「僕の琴線に触れる点を摘記しておく」と書いたことがある。
今日、「ジャパンナレッジ」のエッセイ「日本語、どうでしょう?」の第36回“琴線(きんせん)に触れる”とどうなるか?参照)に
この「琴線に触れる」の意味が、最近揺れているらしいのだ。
 文化庁が発表した平成19(2007)年度の「国語に関する世論調査」では、本来の意味である「感動や共鳴を与えること」で使う人が
37.8パーセント、間違った意味「怒りを買ってしまうこと」で使う人が35.6パーセント、分からないと答えた人が24.6%という結果が出て
いる。

とあるのを読んだ。日本語がまともに通じなくなったというか、時に逆さまの意味で理解されてしまうと知って肌寒さを感じた。
[PR]

by agsanissi | 2011-01-11 08:58 | ジャガイモ


<< 「加工ジャガイモのつくり方」...      日々雑纂 >>