2011年 01月 17日

日々雑纂

・先日(11/01/13)、肥満と死亡率の相関関係の統計記事に触れた。「内科医のノート」(参照)に「BMIと死亡率」の論文(NEJM12月2日号)
の紹介記事が載っている。以下は、その転載、
肥満があると心疾患、脳卒中による死亡率が上昇するが、肥満 (high BMI) と死亡率 (all-cause mortality)との関連はまだ明らかではなかった。
喫煙状況(smoking status) の評価とか、やせた人(low BMI) とpreexisting disease との関係が興味深かった。

白人 (non-Hispanic whites)、146万人。
身長、体重はワンポイントで記録、5年以上のフォローアップ。
喫煙者、がん、心臓病を除外するとBMI20.0―24.9で死亡率が一番低かった。

BMIが低いと(BMI13-18.4) で死亡率が増加しているが、これはpreexisting disease があったというartifact の可能性を指摘。
理由として、低BMIと死亡率は、current smoker より20年以内にやめたformer smoker で強く関連していることをあげていた。病気により禁煙した
という要因があるということ。
”This result is probably a reflection of cessation of smoking because of illness."

・「肥満と死亡率」で検索してみた。医食同源ダイジェスト(参照)で「2003年の生活習慣についての大規模調査の概要」が紹介されている。
やせた人はご用心! 肥満と死亡率の関係】として
男性ではBMIが23~25の人がもっとも死亡率が低いことがわかりました。太っている人は死亡率が高くなり、BMIが30を越えると2倍程度に
上がります。逆に、やせていても死亡率は高くなり、BMIが19を下回ると2倍になります。BMIが19というのは、身長170センチで体重55キロ
グラムくらいの体格です。
....とある。
・ところで、この手の大規模調査の結果に対する、実際的判断がいかに難しいか(自分に都合よく解釈して、あれこれ利用されるが)は、
美しい仮説と醜い事実:BMIと死亡率の関連参照)という論文を読むとよく分る。
・ついでに博士論文「肥満者の減量が血清脂質プロファイルに及ぼす影響」はちょっと面白そう。あとで熟読のこと。⇒参照
・今日、配信された「WWJ地球環境メールマガジンEpsilon」に「アグリカルチャーからパーマカルチャーへ」と題して、『地球白書2010-2011』の
一部が紹介されている。10~20年といったスパンではなく、今すぐにも行動を起こさなければならない課題だろうな。⇒参照
[PR]

by agsanissi | 2011-01-17 09:57 | 日々雑纂


<< 「加工ジャガイモのつくり方」...      「加工ジャガイモのつくり方」... >>