2005年 04月 25日

東15、ジャガイモ播種のまとめ

東15は1.8haある。
ここは昨年、納豆用の「鈴の音」ダイズを植えた。
見事に育った、9月中頃までは...。10月中頃には刈り取れると思った。
台風が相次いだ。成熟期に入り、収穫期が近づいても、雨の日が続いた。
豆は、莢の中で丸くならず、一旦は丸くなったものもふやけ、やがて「カビ」が入り腐れてしまった。
結局、一粒も刈り取ることなくストローチョッパーをかけた。見込みでは3.6トン、莢から残稈まで含めると10トン以上はあるだろうか。その全部をすきこんだ。
この大量の有機物のすきこみを、ジャガイモの肥料設計でどう評価するか迷った。
迷った末、比較のために同量(東14と)にした。

前年の内にプラウをかけられなかったせいもあるが、畑が一部、土がこなれず往生した。
尤も、今年は12月末から3月末まで雪の下に覆われていたため、凍結・融解を繰り返すことなく、ためにプラウをかけたところでも土がこなれなかった。

そんなこんなで、約1.5haにジャガイモを植えた。

4/12、キタアカリ(自家産小芋)450kg播種
▽14列×2で28列
4/19、メーク(自家産小芋)220kg
▽7列×2で14列
4/24、北上産男爵小芋1トン
▽30列×2で60列
[PR]

by agsanissi | 2005-04-25 05:08 | ジャガイモ


<< 小麦の幼穂      ヤギの選別 >>