農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 22日

日々雑纂

平成22年平均の労働力調査概要(総務省、参照)から、
・平成22年平均の雇用者(役員を除く)(5111万人)のうち,正規の職員・従業員は3355万人と,1年前に比べ25万人減少。
非正規の職員・従業員は1755万人と,34万人増加。非正規のうち1192万人はパート&アルバイト(約68%)
・雇用者(役員を除く)(5111万人)に占める非正規の職員・従業員(1755万人)の割合(34.3%)は比較可能な平成14年以降で最高
・平成22年平均の完全失業者(334万人)のうち,失業期間が1年以上の完全失業者は121万人と,1年前に比べ26万人増加

年末低気圧、1月号の「ふだい」広報に年末・年始の低気圧に伴う漁業被害の模様が載っている。「10メートルを超える大波が全てをのみ
込む」と報じている。最大瞬間風速は1月1日に16.9メートル、16日に15メートルと強風が相次いだ。去年の1日、2日も20メートルの風が
吹いたが、これは南西寄りの風で、漁港に大きな被害はなかった。今年は北東寄りの風で、海からまともに吹き寄せ定置網や養殖施設が
大打撃を受けたようだ。広報によると、定置網3.4億、養殖被害2.3億、その他とも約7億の被害だそうだ。

栄養バランス、前に(11/02/18)「 栄養バランスとは生理学的にどういう意味があったのか?」と書いた。管理栄養士の幕内秀夫著
40歳からの元気食「何を食べないか」』に、こんなことが書いてある。「戦後の栄養学は、「栄養のバランスが大事だ」と言い続けてきま
した。サプリメント信仰は、このバランス思想の産物です。しかし、何がどれだけ必要なのか分かっていない栄養素を、どうやってバランス
よく摂取しろというのか。「バランスを取れ」と主張している栄養学者には、どの栄養素をどのようなバランスで摂取すれば良いのか、きちんと
数字を示してもらいたいと思います
」73.p 「じつのところ、人間が生きて行くのに必要な栄養素が何種類あるのかを全て知っている人など、
この世に一人もいないのです。しかも正確にいえば、自分に必要な栄養素は日々変わるはずです。それを数字にすることなど出来るはずが
ありません
」72.pとも書いている。(ここまで言うと、これは不可知論に紙一重だな!!
・数字という意味では、厚生労働省策定の『日本人の栄養摂取基準』(参照)は、「健康な個人または集団を対象として、国民の健康の維持・
増進、生活習慣病の予防を目的とし、エネルギー及び各栄養素の摂取量の基準を示すものである
」としている。摂取量の策定に当たっては
欠乏症または摂取不足のみならず過剰による健康障害をも考慮し、更に「エネルギー及び栄養素の「真の」望ましい摂取量は個人によって
異なり、また、個人内においても変動する。そのため、「真の」望ましい摂取量は測定することも算定することもできず、その算定においても、
その活用においても、確率論的な考え方が必要となる
」としている。
・要するに、現状で望める限りの科学的根拠に基づき、確率論的方法も導入して、望ましい栄養摂取基準量を策定しているというわけだ。
・とはいえ、管理栄養士じゃあるまいし、日々の食事を「栄養摂取基準」に基づいて準備出来るはずもないし、献立を考えるわけでもない。
・どうしたらよいのかね?僕自身は、1.出来合いの加工品は殆ど食べない。2.精製した穀類・豆類、食塩・砂糖・調味料なども殆ど使わない。
3.野菜・魚類などは殆ど旬の食材ばかり食べている。まあ、こんな贅沢は百姓だから出来るんですかね。

21世紀型“直接民主主義”は本当に実現するか?週刊ダイヤモンドOnlineの「今週のキーワード」(参照)で、信州大学真壁昭夫教授は
問うている。きっかけは「チュニジアやエジプトで、国民の不満を1つの方向に結集するために重要な役割を果たしたのが、フェイスブックなどの
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と呼ばれる情報・通信ツールだった
」ことにある。すなわち「SNSは、通常多数の人々の間で、
情報や意見などの交換手段として利用されている。それに加えて、今回のように、社会の構成員の多くが抱く不満などの感情を、一気に
一方向へとまとめ上げる強力なパワーを持っている
」、当然、このような強力なパワーがマイナスに作用する可能性、すなわちデマゴーグに
悪用される可能性を指摘することも忘れてはいない。とはいえ、情報・通信ツールは、単に意思を表示する手段に過ぎず、強力なツールを獲得
したからと云って、意思そのものが適正とも限らないし、衆愚政治を一挙に推し進める道具にもなりかねない。いわば諸刃の剣というべきか。

手首で中心大動脈収縮期血圧を測定、今までのようなカテーテル挿入の必要がなくなり、非急襲的に測定出来る点が画期的(参照
参考:中心収縮期血圧(参照

リビアもついに命運尽きたか!堰を切ったように一挙に溢れ出るこの力の根源、あるいは動因はなんだろうか?
[PR]

by agsanissi | 2011-02-22 07:04 | 日々雑纂


<< 日々雑纂      チューニョの原産地 >>