2011年 02月 28日

日々雑纂

c0048643_633340.jpg・今朝はプラスの気温、全国的には北海道と青森、及び内陸部の一部を除いて氷点下の
地点はない。35度付近を明日にかけて前線が通過、北海道&東北北部は50度付近に
中心のある高気圧の圏内だが、明日にかけて緩やかな谷間を形成するか?
・普代の雨は、明日のほうが確率が高いか?
・今日は日の出は見えないが、「こよみの計算」(国立天文台、参考)を使うと自宅付近の
日の出・日の入りなど(月の出入り)計算できる。ちなみに黒崎は6時15-6分頃
・7時過ぎ、淡雪舞い始める、ほんの一刻、はぐれ雲だな!
・気温は下がり始め、12時には0度、予期に反してその後も粉雪舞う、
・15時ころまで北東風が卓越、その後南西寄りに変わる。沿岸部を中心に気温低下、
15時に氷点下に下がる。


緯度経度の算出サイト、目的・使い方によって便利・不便、いろいろあるけれど、無差別に挙げておくと
1.経度・緯度の指定によるGoogle Earth/Google Maps/地図の起動、2.地名や住所を検索してから起動する場合
3.緯度・経度算出(For GoogleMap)

リビア、(VOANewsから、11/02/27、参照Libyan Protest Leaders Form National Council in East
・Council spokesman Hafiz Ghoga said Sunday that the council serves as the face of the revolution but is
not an interim government.
・Meanwhile, in western Libya, anti-government protesters have taken control of Zawiya, some 50 kilometers
from the capital, Tripoli. The protesters are reported to be preparing to repel an expected offensive by
pro-Gadhafi forces surrounding the area.
・On Saturday, Mr. Gadhafi's former justice minister declared the formation of a transitional government
based in the eastern city of Benghazi, where the uprising began. Mustafa Abdel Jalil made the announcement
in an interview with Qatar-based Al-Jazeera television.
宮崎正弘の国際ニュース811/02/23、参照)に次の記事、(⇒検証を要すが、背景がよく分る。最近の記事まとめること
・東部部族らはベンガジを完全に制圧し、南部の有力部族も反カダフィで立ち上がった。かれらは従来から武装している。
・もともとリビアは三つの国の連邦であり、強権政治の元で一本化したかに見えたが、実際は部族支配の輻輳した社会だ。
だからトリポリ政権は外人の傭兵が必要だった。
・歴史的にはローマ帝国属領、オスマントルコ、イギリスからイタリア植民地となり、三つの古代部族国家が連邦を余儀なくされた
歴史がある。
・人種的にはアラブ人とベルベル人、南部黒人。アラブ人とベルベル人の混血がいる。イスラム教スンニ派が多数だが、
キリスト教コプト教徒もいる。

ユーゴ化、アフガニスタン化の可能性、むしろその可能性のほうが高いとみるべきかな?!俗に「コップの中の争い」と云って、
卑小な争いを軽蔑的に批判するけれど、政治的な党派争いが身の丈に合わせコップの中に留まっている限り、むしろ幸いとすべきか?


血糖値管理の意味合い、 「内分泌・代謝医」 という立場からみた糖尿病という病気
(「research.map」の中の「糖尿病、その1」から、参照
・最初から 「糖尿病」 医としてこの業界に入ると、とにかく血糖、血糖、血糖。「血糖値の是正がすべて」 の世界です。
・(しかし) 「血糖」 はあくまで細胞の外の世界、しかし本当の生命現象は細胞の中で営まれているという事実です。例えて言えば、
建物の中の廊下が散らかっているからといって、余分なものを部屋の中に無理やり押し込んで廊下をきれいにしているのが
「血糖コントロール」 です。これはこれで、廊下が片付いてすっきりする (要するに血管合併症の予防になる) という点で意味は
あるでしょう。しかし余分なものを押し込まれた部屋の中はどうなるのでしょうか。細胞でいえば、余分な栄養素が無理やりインスリン
により詰め込まれ、かといってやみくもに余剰エネルギーを消費できる訳でもなく、細胞にとっては当然ストレスになります(いわゆる
小胞体ストレスや異所性脂肪蓄積がそれに相当します)。

基本になるエネルギーの過剰摂取を是正しないで、薬物やインスリンによる「血糖値管理」だけに注目するのは間違いだという指摘か?
薬物療法に拠らずに、つまり運動と食事だけで「糖尿病を管理」するとすれば、その場合の基本的指標はやはり「血糖値」だろ。
「小胞体ストレスや異所性脂肪蓄積」は、具体的にはどういう症状または疾患なのか?

・「糖尿病、その2」(参照)は、フルクトースの落とし穴の問題を指摘している。甘すぎる果物。
[PR]

by agsanissi | 2011-02-28 06:50 | 日々雑纂


<< 日々雑纂      畑 >>