2011年 03月 04日

日々雑纂

・日中の底辺は昨日として、朝の冷え込みは今日が底辺か、氷点下6.2度まで。凍結防止があるから良いかと
タカをくくっていたら(黒崎での冬は初めての経験で、本村より作りが良いから大丈夫かと)、台所の水道が、暫く
使っているうち尽きてしまった。9時過ぎに回復。アメダスで氷点下5-6度が水道凍結の境界値かな。風呂場・
便所・洗面所はOK。
・20日に普代に戻って以降、先月21日と昨日・今日が最低気温かな。黒崎は、本村より2-3度低いかな?
・あちこちから電話が入ったり、電話を入れたり、ボチボチ、始動開始の合図かな。
人参の注文が入るが、畑は凍結していて「二週程度は無理」と応える。掘り出した上で土中保管と畑での保管
と両用の対応
を考えないとかな。偶然にも、ほぼ同時にコロッケ用のジャガイモを欲しいと云ってきたが、さて、
これはどうかな?
・カボチャは、六割以上が大丈夫。大部分は白爵系だが栗系統もある。ということは素質と作り方、両方の影響。
去年は、高温で質が落ちた。要するに水っぽい+中に筋っぽいものがあった。あんな高温が、これからも度々
あるかどうか分らないが、高温や長雨でも質を落とさない作り方を工夫しなければだ。筋っぽいのはどういう事?
・風雪・低温・乾燥の注意報が出ているが、風は昨日よりは収まる。心持ち等圧線の間隔がなだらかになる。

いわて大漁ナビ、岩手県水産技術センター(参照)で岩手県沿岸の港(久慈 宮古 山田 大槌 釜石 大船渡 市場
の合計)の「水揚の多かった3魚種」の水揚量、水揚金額、高値、中値を公表している。3/03は、マダラ、スケトウダラ
海藻類で、102トン、22トン、8.8トン。マダラとスケトウダラの高値はキロ650円、243円。中値は52円、46円。
*******************

取り敢えずの政党、「綱領のない政党」なんて政党としての要件を満たしていない。....とは、仏教であれ、
キリスト教であれ、神道であれ、鰯の頭であれ、宗旨を厭わず宗教行事を平気で受け入れてしまう寛容さ
(本来のキリスト教徒にもイスラム教徒にもあり得ないが)を持った国民は考えないかも知れない。
まあ、マニフェストが、それに変わるものかも知れないが、政権を獲った途端に自ら投げ捨ててしまうのだから、
「政策」など政権や議員職を得るための「方便」に過ぎないようだ。
・本来、政権・議員職は、何かの政策目標を実現するための「手段」に過ぎないけれど、自民党政権があまりに
長く続いてしまったために、自民党政権に替わること自体が目標であるかの倒錯心理が起こり(この手の「倒錯」は
何にでも起こる。貨幣は富の交換や蓄積の手段に過ぎないのに、それ自体が富であるかの「倒錯」や、偶像は
偶像に過ぎないのに、それ自体を崇拝する「倒錯」など)、その目標だけで野合してしまった。いざ何かをする段
になって「目標」の大本がないのだから四分五裂の危機に直面するのは当然だ。それでも資金源が潤沢にあれば
誤魔化しもきくけれど、それでは自民党だって良いのだから、民主党政権の「過渡性」「取り敢えず性」は絶対的
なものだ。
・と、ここまで書いて、02/18に、ただ面白いので挙げておいた「バカ、ワル、ズル」三兄弟の面白いお話が、
意外と民主党政権の本質をついているのではないかと思えてきた。まず、自分の思ったことはなんでもできると
思ったバカが現実はそんなに甘くないと教えられた。ズルが出てきて、バカやワルに対する追及をかわそうと
したが、かわしきれずに翻弄されて傍目にはオタオタしているように見えるが、そこはズルだけあって「平然」と
構えている、....とここまでが現段階。この後どうなるかの予測の一つが、次に紹介するコラム。
政界再編、政策の対立軸は何か?経済評論家山崎元さんのDiamondOnline(11/03/02、参照)コラムは
「河村名古屋市長、大村愛知県知事らの、地方分権と減税を掲げる勢力」が「政界再編の台風の目」になるのでは
と予測している。その場合の具体的争点は、公務員改革、所得の再分配、デフレ、財政問題。一般論として、大体、
そんなモノとは思うけれど、これでは国内問題だけに限定されるから、外交・安全保障面での対立軸が抜け落ち
てしまう。更に公務員改革と財政問題の抜本的改革には道州制と地方分権は不可欠と僕は考えているから、
そこまで進まないと政界再編はやまないと思うけれど、もっと機が熟さなければ議論は明確に煮につまらないから
取り敢えずは国内問題だけで再編が進むのじゃないか(外交と安全保障問題の難しさについて、溜池通信463号
で経済評論家の吉崎さんが、安定性、経済性、独立性のトリレンマを「うまい、やすい、早い」の三要素を揃えた
食堂を探すのは、どれか一つを捨てなければ無理という話の喩えで解りやすく説明している。参照
吉崎さんの話に、ある程度同意するけれど、原理・原則より、効率性・功利性を重視する便宜主義を感じるのは
世代の違いなのか?

・河村名古屋市長、大村愛知県知事の背後には、云わずと知れたワルが居るわけで、表に出ないところが知恵
だけれど、そして民主党が大敗してもワルは残るけれど(フーシェやタレイランのような凄みはないな!)、僕は
ワルの思惑を超えて進む可能性が強いと見ている。⇒辻邦生『革命暦』を読むと、意外と親近感が湧くな!

名古屋市議選、「台風の目」になりうる可能性があるかどうか、一応、注目しておこう。市議会の解散に伴う出直し
市議選(定数75)が4日告示され、午後1時までに計138人が立候補を届け出た。投票は13日で、即日開票される。
・立候補を届け出たのは民主党27人(解散前27)、自民党24人(同23)、公明党12人(同14)、共産党16人
(同8)、みんなの党8人(同0)、減税日本41人(同1)、無所属10人。候補者数が130人を超えるのは1967年
4月の市議選の141人以来。
減税日本は全国の統一選で約100人を公認・推薦する方針。民主党の小沢一郎元代表とも連携し、4月の衆院
愛知6区補欠選挙や次期衆院選への擁立にも意欲を示している。(朝日、11/03/04から)

リビア、反体制派の攻勢(NYT、11/03/02から)
c0048643_8455679.jpg

人口、失業者、外国人労働者、外国人労働者は、どんどん退去している。どのくらい居るのか、これが分らない。
失業者、これがまた、通常の概念に当てはまるのか、働きたいけど働けないのか、働く必要がない(or 低い)のか
分らない。『砂漠の思想』に、こんなことが書いてある。「古い統計ではあるが、中東調査会が出した『ジャマヒリア』
によると、1963年の国勢調査ではリビア人の経済活動人口が32.8%であったが、この数字は年々下がり、10年後
には20%まで下がっている。それだけリビア人は働くなったと言える。しかも「生産部門に働いているリビア人の多く
が、実際には生産労働に従事していない。..その他の業種の中でも官僚機構で働いている人の比率は非常に高い」
と述べ「問題は労働力の不足ではなくて、労働意欲の低下と寄生化の進行である」と結んでいる
」108.p
・外国人労働者の数は、110.pに「380万人という少ない人口に、50万人を越える外国人労働者」とある。昨日の
世界銀行のデーターを見ると、1985年に人口385万人。約330万人がリビア人、仮に1960年の135万人を元に
年率2.2%で人口増加すると25年後には230万人台になるから、この時点ですでに50万人の外国人労働者の他に
100万人近い社会的流入があったと見て良いのか。もともと「国境・国籍」という概念が、日本人の考えるような外形的・
固定的なものとは違うのだろうから、そんなことは大した問題じゃないのかも知れない。
・現在までの国外退去者、(eNews Park Forest、11/03/02から、参照)To date, at least 140,000 foreign
nationals have left Libya
over its land borders, according to UNHCR and IOM. This includes
an estimated 69,000, most of them Egyptians, who have crossed to Egypt and more than
75,000 people of various nationalities who have crossed into Tunisia. Another 40,000 people
have not yet been able to cross the border
from Libya into Tunisia. Over 10,000 Egyptian
workers remain stranded in Tunisia
, awaiting evacuation by Egyptian authorities. Individual
countries have also carried out significant evacuation efforts for their own nationals: China
has evacuated nearly 30,000 Chinese, and the European Union has evacuated an additional
10,000 Europeans.
18万人が既に退去し、この他5万人が国境付近に滞留しているということか?「労働力人口」
は173万人というから(この内の30%が失業しているのか、この他に失業者が30%いるのか、常識的には前者だ
けれど不明)、生産活動は事実上ストップ。食糧の75%は輸入に依存しているとすれば、反体制派は空爆など要請し
なくとも海上・国境封鎖でカダフィ派を充分に締め上げられるのじゃないか?東部の主要都市は確保しているのだから。

*UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)、IOM(国際移住機関)
[PR]

by agsanissi | 2011-03-04 06:32 | 日々雑纂


<< 日々雑纂      日々雑纂 >>