2011年 03月 06日

日々雑纂

・氷点下1度前後、久しぶりに無風・穏やか、やや薄雲広がる。等圧線は縦から横に変わる、高気圧中心は30度付近。
・△1.2/11.2度、先月25日以来9日ぶりに10度を越える。日照3.6時間、午前中は無風、午後になってやや強風。
・結局、かなりの強風の中で、ハウスの裾脇の補修。今日まで延期の意味はなし、結果的にはいつものように案ずるより
産むが易し。強風と云っても、休みなく風が吹いているわけではない。風の呼吸を読んで対処すればOK。



**************
リビア11/02/27の「権力の空白に関連して、Special Report from Inside Libya: Assessing Libyan
Rebel Forces(Terrorism Analysis、11/03/02から、参照
・Libya’s very ad hoc rebel movement does not currently appear to possess a clear command
and control structure. According to a frontline spokesman, it is currently known as Jaysh-e-Libi
al-Hurra (The Army of Free Libyan Forces) and the movement terms itself the “February
17 Revolution,” denoting the day the uprising began in Benghazi, Libya’s second city and one-time
dual capital until the 1960s. Tribes comprising the anti-Qaddafi forces include the Maghrebi,
Zwaiye, Zawawi, Faqri, and Gebayli.
They insist their fight in Libya is not a civil war but a
revolution with the aim of overthrowing Colonel Qaddafi’s nearly 42-year reign and reunifying
the country from its current state of bifurcation and fawda (anarchy). ....
・Frontline forces, far removed from the intellectual architects of the provisional government
being established in Benghazi, espouse no coherent political ideology. When pressed, the fighters
profess no vision for the structure of a future state and have difficulty stating goals beyond
the ouster of the current regime, other than vaguely stating “we are fighting for freedom
and democracy.” Libya’s anti-regime forces insist the conflict is not a civil war pitting tribe or
clan against one another, but is rather a genuine, society-wide armed revolt that will not halt
until it reaches the gates of the capital, over 1000 kilometers west of their Benghazi stronghold.
仮に「カダフィ体制」(実態はどういうもの?)を倒したとして、本当の問題は「そこから始まる」ということだ。
外国干渉を求めるグループと反対するグループと、二通りある?(同前から)
・Reaction to any suggestion of a Western or North Atlantic Treaty Organization (NATO) armed
intervention reveals some nuance. Several rebels interviewed by Jamestown expressed
a strong desire for American or European bombardment
of Sirte and Tripoli in order to decapitate
the Qaddafi regime and facilitate a total liberation of the nation. On the prospect of the formal
entrance of foreign ground forces, one fighter named Fatah’allah proclaimed: “If NATO forces
come inside Libya, we will turn it into a lake of blood.
We can take care of Qaddafi ourselves.
Iraq, Palestine, and Somalia will be nothing compared to Libya.

菅政権の前途(6月頃までの見通し)、公明党幹事長代理の話から(参照
今、解散したら野党に有利。そういう解散はないだろう。行き詰まっての解散の可能性は低いが、いつでもいいという
スタンスだ。もし、菅さんが解散すると言ったら、民主党の閣僚の中で署名する人は何人いるか。「殿、ご乱心」と言って
引き留められ、海部政権の時のように、首相は引きずり降ろされるのではないか。話し合い解散もないだろう。今の状況を
考えると、首相が「もっと国家国民のために、私が責任を取って辞めるので、予算案も関連法案もお願いします」というのが
筋だと思う。首相が代わったら、国民に信を問わざるを得ない。統一地方選後の5月、6月の解散の可能性はあると思う。
負ける選挙がやりたくなくて、首相としては一日も長く政権にいたいから、ずるずるといくこともあり得る。それは何の展望も
開けないだろう。政界再編も含めていろんな動きが出てくると思う。

菅が、今後の「民主党」そのものの存続可能性及び政界再編の場合の自分の役割をどんな風に見ているかが、総辞職
か解散かの分れ目になるのじゃないか。総辞職して党首が変われば、自分の影響力はなくなると見れば(小沢さんの云う
「破れかぶれ解散」は、このあたりを云うのかな)、解散・総選挙に出て、政界再編に賭けるという手が残る。尤も、客観的
には、この目も小さいとは思うけれど、どの程度の冷徹な自己認識を持っているか??

昼のニュースで、午前中の政治討論の内容を伝えていた。前原外相の在日外国人から政治献金を受けていた問題に
ついて、民主党は「辞任の必要はない」と弁解。必要か不必要かの議論以前に「危機管理意識」を欠如していると見る。
「おごり」なのか、単に政治的判断能力がないのか、それは分らぬが、要するに脇が甘い。自分らが置かれている客観的
状況を冷静に判断する能力があれば、前原自身の行動を含めて、周辺が弁護できる状況にはない。追いつめられての
辞任では、マイナス効果しかない。一言で云えば「阿呆じゃないの!」

[PR]

by agsanissi | 2011-03-06 06:09 | 日々雑纂


<< 日々雑纂      日々雑纂 >>