2011年 04月 10日

フラッシュ・バック/11

◆人参掘り
・△0.6/12.7度、日照10.6時間、ほぼ快晴、風もなく穏やか。昨日の雨の名残りは殆ど無く、朝から畑仕事。
・今年最初の仕事は、去年掘り残した人参の掘り取り。今年の冬は12/23-24と12/31-1/01に大雪が降った後は
1~3月とほとんど雪がふらず、畑はほとんどむき出しの乾燥状態。表土は最大10センチ程度凍結して、人参の頭が
腐るのではないかと懸念されたが、さほどにはあらず。(土中保管による損傷より少ない??)
・例年だと、もう新葉がかなり伸び始めるところだが、今年はまだ露草などの枯れ草が地を這うように覆っている。
最初は、なんの下準備もせずにいきなりディガーで掘り始めたが、当然のことながら掘り取り刃と支柱との間に
枯れ草と土とが団子のように固まりついて後ろに向けていかず、たちまちストップ。
・土そのものの状態は、程よい湿気を含み、土塊も団子状もなく、堀跡は非常に良い。本来は、PTOで振動する
掘り取り刃のベアリングがいかれて振動できない影響も多少はあるが、主因は枯れ草の絡みつき。⇒対策を
どうする?「振動」は副次的なものとして、その他を修理する。または「振動」も含めて本格的に修理する。どっちの
場合も、畑の前処理は不可欠。

・ホーを使って、箒で掃くように、枯れ草を掻き集めてやると、簡単に整地でき、掘り取りもスムーズに出来る。
・去年は全量掘りとった後に土中保管、今年は全量畑に保管。出荷時期や1~3月の天候などを考慮すると、
土中保管と畑での自然状態での保管と併用が良い。問題は両者の割合(いつから、どの程度出荷するかとの関係)
c0048643_19392859.jpgc0048643_19401234.jpg













********************
【日々雑纂】
地震・津波の前と後、宇宙から見た実像、ニューヨーク・タイムスに GeoEyeで捉えた津波後の無惨な写真が掲載されている。
・場所は福島第一原発、仙台北部、仙台、磐城など20ヶ所の衛星写真。中央のブルーのマークを左右にスライドさせると津波の
前後の映像が比較できる。⇒参照(NYT、11/03/15)
[PR]

by agsanissi | 2011-04-10 20:10 | 人参・カボチャ


<< フラッシュ・バック/12      フラッシュ・バック/10 >>