農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 20日

フラッシュ・バック/21

【今日の空模様】
特徴:低気圧は二つとも三陸沖に抜ける。雨続き風やや強し。午後には次の高気圧が張りだしてくるが、
北緯30度線より南に傾き、40度付近はやや複雑な鞍部を形成する。明日は弱い高気圧の圏内?
最低・最高気温:△0.9/4.3度  、日照:ゼロ 時間、最大瞬間風速(m/s):12.6(ENE、0413)、
降り始めからの総雨量(19日6時過ぎ~20日12時過ぎ)36ミリ、

・去年と今年の3月15日から4月30日(今年は19日まで)までの気温変化(黒崎付近の推計値)の比較
c0048643_178561.jpgc0048643_16535432.jpg















****************
【日々雑纂】
国土地理院、「平成23年(2011年)東日本大震災に関する情報提供」欄が設けられ、空中写真、地殻変動、デジタル
標高地形図、浸水範囲概況図(面積、土地利用、土地利用面積別)、交通関係情報(復旧状況、規制情報)⇒参照

復興構想会議、経済評論家の山崎元氏がDiamondOnlineに「東日本大震災復興構想会議は要らない」と題するコラムを
載せている(参照)。その冒頭に《不謹慎かも知れないが、このニュースを見て最初に思ったのは、ダメな会社の会議に似ている
ということだった。経営が上手くいっていない会社、特に、社長が事業を把握して指示を出すことが出来ない会社は、しばしば、
経営課題が発生するたびにこの課題に向けた「会議」や「委員会」を発足させる。
》《会社に必要なのは、会議ではなく仕事だ。
アイデアを募るために会議を行う、などというのは、経営者が機能していない会社の愚行だ。
》と書いている。⇒有識者会議の
答申を見るたびに日頃思うことは、一人ひとりどんなに優れた有識者を集めてみても、その最大公約数的な集合的意見は、
愚劣な、屁の突ぱりにもならない(失礼!!)ものばかりだ、ということ。

・「今の日本に必要なのは倒閣よりも大連立だ」、Economist誌の前編集長B・エモット氏のインタビュー記事が同上サイトに
載っている(同氏の経歴、記事は参照)。一般論としては、その通りだと思う。前に「菅政権の存続などのケチな根性を捨てて、
超党派的な体制を組織できるかどうかが鍵になるな
」(4/02)と書いたが、何ら具体的な連立構想も示さずに「副総理」などの
職を餌に大連立を呼びかけたところで自己の「延命工作」を見透かされて当然。まず復興計画のアウトラインを示し、大連立内閣
の任務と範囲、課題と行動計画の構想を示すことが不可欠の前提になる。要は、どこまで私心・我欲を捨てて、復興・再建・新生
に向けて、持てる財産(知恵・人脈・組織・財源など)を総結集できるかにかかっている。或いはそのためにより適任者がいれば、
自ら職を譲る覚悟があるかどうかが鍵になる。
惨状、そのエモット氏の言葉から。私も2001年9月11日の同時多発テロ直後のニューヨークや、09年に群発地震に襲われた
イタリアのアブルッツォ州ラクイラなど、破壊された町をこの目で見た経験はある。だが、人間社会の基盤がかくもことごとく破壊され
たありさま
をいまだかつて目にしたことはない。今回同行したNGO「セーブ・ザ・チルドレン」のメンバーの一人で、東ティモールなど
かつて軍事紛争地に足を踏み入れた経験がある元軍人も「現代の戦争ではもはやこれほどまで広域にわたる破壊はない」と青ざ
めた表情で語っていた。

[PR]

by agsanissi | 2011-04-20 06:27 | 日々雑纂


<< フラッシュ・バック/22      フラッシュ・バック/20 >>