2005年 04月 28日

播種機改造

c0048643_20423136.jpgc0048643_20434275.jpg
元機械屋が、辞めて百姓をやっている。

畑仕事より、機械作りのほうが忙しいの
じゃないかと思うくらい、あれこれ工夫する。
尤も、僕も手以上に口を挟むけれど...。

写真は、手押しの播種機を改造して、小型トラクターで引っ張ろうという工夫だ。
ホッパーは一つしか付けていないけれど、実際には四つ並べて、斜めにパイプで誘導し、
畝間間隔を調製できるようにする。
一番の利点は、ギヤもベルトも使わず、回転を連動させ、播種しながら鎮圧できることだ。
構造が単純で、工作もいたって簡単。
難点は、ロータリとのつなぎ方で、これを上手くやらないと、播種筋がよじれたり、土からの
ショックが吸収できなかったりする。接地タイヤが小さすぎるのも、難点かもしれない。

でも基本のアイデアは秀逸で、試行錯誤はあるかもしれないけれど
手押し播種機が、見事な乗用播種機に変りそうだ。
[PR]

by agsanissi | 2005-04-28 21:11 | 機械類


<< "赤茶の日"      小麦の幼穂 >>