2011年 08月 28日

今日は無理

・今朝はまだ土が湿っている。26日は、まだ気温が低く、日照時間も短かった。27日は、申し分なく腫れ上がり、12日以来2週間ぶりに
10時間以上の日照。いかんせん一日だけでは畑は乾かない。今日一日、昨日のような天候が続けば「明日は出来るか?」
・取り敢えず、その心積もりで準備する。チョッパーをかけ、カルチで畝間を整地し、収穫機を整備する。予定では、29-30日。
・チョッパーはひと通り終わる。16日掘り取り予定で、13日に一端はチョッパーをかけるが、その後の雨で再び延び放題。
c0048643_20231494.jpg
やや畝間が見えにくくなっている部分もある。

カルチは時間の余裕が無い。











【今日の空模様】
特徴:前線は海上に遠ざかり、40度付近を中心とする高気圧に覆われる。風がやや弱いのが惜しまれる。
最低・最高気温:15.5/25.8 度、日照:10.6 時間、



****************
【日々雑纂】
海江田氏先行、「毎日新聞は投票権を持つ党所属国会議員の動向を探った。小沢一郎元代表の支持を受けた海江田万里経済産業相(62)
が先行。前原誠司前外相(49)、野田佳彦財務相(54)、鹿野道彦農相(69)の3氏が2位を争い、馬淵澄夫前国土交通相(51)が追う。ただ、
過去最多の5候補乱立に伴い、どの候補も1回目の投票で当選に必要な過半数を獲得するのは難しい情勢だ。決選投票に進める2位以内に
海江田氏とだれが残るかが焦点となる
」とのこと。
・僕の観察では、多くの議員は「海江田では選挙に勝てない」と見るだろうから、本命は前原、海江田は前原から譲歩を引き出すための小沢氏の
「当て馬」と見る。竜頭蛇尾は、「前原氏の本質」と見て良いから、反小沢の姿勢は貫けない。結局、小沢氏と妥協して、場合によっては看板だけ
背負って母屋は小沢派に乗っ取られということになりかねない。尤も、小沢派は、先の菅内閣の不信任騒動で基本的に終わったと僕は見ている
から、前原内閣・民主党政権・民主党そのものと共に小沢派も雲散霧消するのかな。それはそれで一時代の「終わりの始まり」と云えるか?
・それとも、この観察全体が早とちりかしら??
[PR]

by agsanissi | 2011-08-28 10:41 | ジャガイモ


<< 芋掘り再開      あてにならないのは... >>