農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 03日

作業メモ

・アメダスデータでは、雨は昨日の19時過ぎは降っていない。衛星画像では雲域は切れている。夜中、一時星も見える。
・予報では、朝まで雨、午後はいったん天気回復し、4日早朝から昼過ぎまで雨。
・3~4日は、普代祭だが、巡り合わせが良ければ、日中晴れ間に遭遇するかもしれない。
・この数日、なぜか深夜に大雨、日中は時折小雨がぱらつく程度のパターンが続いている。
c0048643_3593180.jpgc0048643_3595080.jpg














・台風12号は、四国沖を時速15キロで北北西に進んでいる。台風の目は、やや小さく&不明瞭になったか?
・そのまま北上して日本海に抜け、6日早朝には北緯50度のハバロフスク付近に達する予報だが、どうやら台風一過とはいかないようだ。
・週間予報ノ天気図を見ると、6日はまだ複雑な形状で、すっきり回復は望めない。7日は緩やかに高気圧に覆われ、北海道を除いて
穏やかな晴天に恵まれるだろうか。

c0048643_4334144.jpgc0048643_434790.jpg
















◆作業予定
・いずれ次の芋掘りは、良くて10,11日頃の見通しは変わりそうにない。
・さて、この間、3日から9日頃まで前半は専ら選外芋の選別。これがさて、どのくらいあるだろうか??
・ざっと見たところ、3~4トン、収穫量の4割弱はあるだろうか。
・キタアカリに比べ、製品率は格段に良い。主な理由は腐れが少ないこと。全体に、キタアカリよりやや大ぶり。
・無傷のものでは、S玉及び2L以上はすべて選外。腐れと病気は数十キロ単位、多分、おけら又はネズミの食害ではないか思われる
ものが、(対策を考えなければと思うほど)今年は異常に多い(尤も、これも数十キロ単位)。
・全体に、大ぶりにシフトして、2Lクラス以上が多い。最大で500グラム(ぴったり500グラムあったそうだ)とか。その割には中心空洞
がないようだ(去年の男爵芋は、ひどかった!!)。
・一般論として言えば、これで4割が選外になって販売できないとすれば、百姓は絶対に続けられないな。
・その意味では、現在の市場規格と流通システムそのものが、新規就農と後継者不足を(すなわち農業の衰退を)招いている。
・ここにメスを入れない農業改革は、全部、的外れの小手先改革と断じても大過ないと、僕は思っている。
・尤も、それでも百姓はしたたかに生き残っていくものだし、その生き残った人々の生き方の中に新たな燭光は見えてくるのかな。

・7日以降、後半の予定は畑の収穫準備、収穫機の整備・点検、作業具の工作など。


【今日の空模様】特徴:   、最低・最高気温:    度、日照:     時間、


2010年7月は何をやってた??

****************
【日々雑纂】
[PR]

by agsanissi | 2011-09-03 04:30 | 作業メモ


<< ジャガイモサラダ      8月の天候 >>