2011年 11月 21日

日々雑纂

c0048643_7371827.jpg・今朝の最低気温は+0.3度(4:13)、6時半前雪が舞い始め20分程で
薄っすらとした雪景色に変わる。レーダー解析を見ると、雨雲(または雪雲)
は北海道から若狭湾にかけての日本海側にかかっている。太平洋側には
殆ど雨雲はかかっていない。
・レーダー解析では全く予想外の雪。昨夜は強風に煽られてか、空気は
清冽なまでに澄み渡り、南東の空に一際明るく輝く木星、東に顔を向けると
木星のやや左側天頂付近を通って東から西に向かって無数の星々が織り
成す天の川が薄雲のように伸びている。これほど見事な星空はめったに
見られない。あれは一夜の夢だったかと疑わせる今朝の雪。
・気象衛星画像を見ると雪雲特有の筋状の雲が能登半島から北緯40度線
に向かって、ほぼ45度に伸びている。天気図ではほぼ南北に並んだ等圧線
の屈曲部に沿って雨雲(ないし雪雲)が流れている。
・右の週間寒気予想を見ると上空5千㍍付近の△30度の寒気団のヘリに
沿って雪雲が流れている。
・7:40、雪の舞う中、雲間から一条の光が射してきた。シナイ山のモーセが
ふと浮かんできた。「疾風の吹きつけるシナイの山腹に震えながら攀じ登って
いく」ベートーヴェンが頭に残っていたせいか。
・初雪(orやはり16日かな?)


**************************
[PR]

by agsanissi | 2011-11-21 07:42 | 気象/季節メモ


<< 日々雑纂      日々雑纂 >>