農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 09日

普代村プレミアムポテトサラダ

c0048643_7135777.jpg


・僕はジャガイモを17年間作り続けている。本格的に数十トン単位で作り始めたのは16年前。
・最初の1~2年は市場出荷をしていたが、その後は「岩手生協」との契約生産に変わり、殆ど市場出荷をしたことがない。
・岩手の青果業者が、生協の仕入れ担当者とともに見えた時の話は今でも覚えているが、「岩手にこんなにうまいジャガイモがあるとは
知らなかった」。自分たちは食べて美味いと思うけれど「田舎もんだから、都会の人がどう感じるか自信がなかったので東京の大田市場
の青果担当者と銀座のレストランのシェフに食べてもらいました」
・市場担当者は「9月に出廻るジャガイモの中ではトップクラスだ」、シェフは「おいしいですね。扱って間違い無いですよ」とお墨付きを
頂いた。カクカクシカジカ...是非契約栽培をして頂きたい。云々

・和野山の開発農地に入植した人たちが、入ってきては消えていき、土地利用型大規模生産者が一人消え、二人消え、とうとう最後の
一人になってしまい、それでも生き残ってこられたのは、専ら岩手生協との「契約生産」の御蔭。

・この数年、ボチボチと新たな契約生産の話が入ってくるようになった。僕のジャガイモの評判が定着してきたのか、市場や食品&流通
業界に何らかの変化が起きてきているのか(多分、後者の要素が大きいのかな)?
・写真のポテトサラダの原料ジャガイモは、去年、初めて試験的に出荷せて頂き、今年本格的に取り組んでみた。

・昨日、製品を送って頂いた。まろやかで上品な味付けに仕上がっている。甘さは控えめで、酸味もほどほど、飽きの来ない独特の
ネットリ感がジャガイモのホックリ感とうまくミックスしている。
・僕は、たとえ自分のことでも他人事のようにしか評価しなけれど(60年以上、そう努力を続けてきたけれど)、これはうまいね。
[PR]

by agsanissi | 2011-12-09 08:07 | ジャガイモ


<< 雪の朝      作業メモ >>