2012年 04月 08日

ハウス周囲の洪水

c0048643_694416.jpg・3月初めから昨日までの和野山付近の気温の
推移を見てみると、右のようになっている。
・日付欄の赤線は、降雪日。3-6日に44、
9-13日に46、23-25日に53㍉降っている。
・これがちょっと融けては積り、融けては積りを
繰り返し、3/25,26頃には50~60センチにも
なっていた。
・28~30日と気温が高く、31日にハウス内に
浸水。この時は比較的軽傷。3、4日と再び
気温上昇、雨風とともに雪解けは一挙に進み
3月末までは真っ白だった畑は、5日には
ほぼ9割方露出。
・4日から5日朝にかけて、再び浸水。今度は10~15センチ程度泥水をかぶった模様。4日は終日強風が
吹き荒れたため、終日在宅。様子を見に行って、つい手を出したくなるような事態を避けるには、自然の
脅威が静まるまで、じっと我慢の一手しかない。
・5日朝には、大方の水は引いた跡。5日は、強風で破損したビニールなどの補修&浸水したジャガ芋の
反転。5~8日と、一通り大ハウス内のジャガ芋の反転&浸水対策を終える(男爵4㌧+ワセシロ2㌧)。
・泥水を一時的にかぶっただけで、当面、浸水による腐敗や凍結(5~7日と、最低気温は△5度前後まで
下がっているけれど)などの被害はない模様。

◆ジャガ芋の浴光育芽の開始時期&芽の動きをまとめておくと
・3/20、購入男爵3㌧(芽は微かに動き始める、芋は良質
・3/21、自家男爵1㌧(やや動き始める
・3/27、自家ワセシロ2㌧(やや動き始めるか
・3/29、小ハウスにキタアカリ約0.8㌧(比較的良好
・4/01、小ハウスに十勝こがね500㌔(殆ど動きが感じられない、芋は良質
・4/02、大ハウスに購入ワセシロ600㌔(芋は極めて粗悪品;最終的に6割は残るか??

◆ 【2011年4月は何をやってた??】 ◆

-----------------------------------------------------
[PR]

by agsanissi | 2012-04-08 06:18 | 気象/季節メモ


<< ジャガイモ播種      春が遅い >>