2013年 09月 01日

機械整備/続

30日以来、量は少ないものの雨が続いて、日照もゼロ。
畑の土はサッパリ乾かず、すっかり様変わり。
今日も、昼前から濃い霧が入り、やがて霧雨に。
アメダス記録では、雨量ゼロが続いているが、黒崎はすっかり雨模様。
和野山は、幾分、乾いており、普代まで下ると道路は乾いている。

◆JD6300
・ファンベルトの交換だが、取り付けようと色々やってる内に、
ベルトの位置とテンションプーリーの位置が微妙にずれているのに
気づく。ベルトの切れた原因はこれだなと思って、あれこれ操作している
うちに、プーリー部分がポロッと外れて抜け出てしまった。
結局、アッセンブリ交換。
なんで、こんな複雑な構造にする必要があるのか(微妙な振動吸収のため?)
これ一個で6万円とビックリするような値段。
c0048643_2041383.jpg


トラクター本体には、こんな具合に取り付けられて
ファンベルトを張っている。

c0048643_2050469.jpg



◆ユニック
・以上でトラクターは見通しがついたので、
今度はユニック。
 特にどこと言って悪いところはないが、
言ってみれば生活習慣病のようなもので
日頃の不摂生が溜まって、至るところに
軋みがでている。
「こんなボロでも、無くなったら、とんでもない苦労をするな」と
「親孝行、したいときには親はなし」なんてことにならないようにと反省して
セルモーターを始め・ファンベルト・フィルター類など総点検。
 一通り点検を終えて、エンジンをかけてギアを入れようとしたらギアが入らない!
エンジン停止の状態では軽くギアが入るのに、エンジンを掛けた状態では
バックにしかギアが入らない。クラッチ系統は何も触ってないのにおかしいなと
思いつつも、ユニックはひとまず置いて、今度はユンボの修理。

◆ユンボ
・「よく次々と整備や修理があるな」と思いつつも、僕の農作業の半分近くは
機械いじりをやったり、機械操作をやったり、機械屋みたいなもんだと割りきって
いる。
・ユンボは、ラジエーター系統の不具合が続いている。血管がボロボロになって
いつどこが破けるか心配という状態で、抜本的対策はラジエターを交換するしか
ないが、最も損傷の酷い処を切り取って塞いで使っている。
・オイルを抜き取って、塞いでみたりもしてみたが、滲みだすようなオイル漏れを
完全には防げず、補修を繰り返している。
・オイル系統の修繕をしている内に、今度は水系統のほうまで傷つけてしまって
ラジエター液が全部抜けてしまった。数ヶ月放置した後、再度、水系統のほうを
試してみたところ、不思議な事に漏水は収まっていた。
・狐につままれたような気分だが、取り敢えず結果オーライトばかり用心に
ラジエター漏れ防止剤を混入して試運転。さてどうなることか??

*************************************************
[PR]

by agsanissi | 2013-09-01 21:43 | 機械類


<< ダイズの殺菌防除      機械整備 >>