「ほっ」と。キャンペーン
2013年 09月 10日

ダイズの殺菌防除

先月30日以来、雨がちの天候が続いている。
今日も、ほんのいっときだが、昼前後に黒雲が急激に広がり俄雨が降ってきた。
その後は急速に晴れ間が広がり、雨の影響はほとんどない。
とはいえ、この12日間に雨が全く降らなかったのは4、6、9日の三日きり。
しかも、もう真夏の太陽のような陽射しは望めず、畑は中々乾かない。
そんなわけで、ジャガイモ掘りは29日を最後に中断したまま。

そんな合間に、今日はダイズの紫斑病防除に殺菌剤を散布した。
一般に開花後20~30日の若鞘期の防除が勧められている。
今年の開花は、概ね8/15日前後。今日で25日前後で鞘は付いているが
実(豆)は未だ入っていない状況。

ちょうど、防除適期かとみた。
草丈は、僕の腰高よりはやや高め。
今年は、気象条件がダイズに適していたのか、かつてないほど揃いがよく、
元肥ゼロにもかかわらず、生育は極めて旺盛とみた。

c0048643_22182598.jpgc0048643_2219256.jpg











とはいえ、実際に畑の中に入って(トラクターで)”個別”に見ていくと、いくらか
不揃いも目立つし、処々、動物の獣道のような曲折した”通路”のような跡さえ
見られる。
昨日は、東6の畑をトラクターで走っていると、畑内で寝ていたのか、物音に
びっくりした日本鹿(腰高がちょうどダイズの高さで、そこから頭ひとつ飛び出し、
更にその頭の上に1メートルほどの立派な角を生やした雄鹿)が、急旋回して
逃げ出していった。
今日はまた、どんな動物だか、姿はほとんど確認出来なかったが、狸のような、
狐のような、アライグマのような、そんなものが大慌てで逃げ出していった。
こうしてみると、姿を隠すに絶好のダイズ畑は、各種動物にとって食糧宝庫の
理想郷なのかもしれない。
 **********************************************
[PR]

by agsanissi | 2013-09-10 22:32 | ダイズ


<< 二週ぶりに芋掘り      機械整備/続 >>