農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 25日

カビ

昨日は、世間並みに30度に迫る猛烈な暑さだった。

赤カビの被害粒があるかどうか確認のため、麦畑の中を歩き回っている。
今の時期は、穂が稔実して張ってくるが、不稔になると細いままだ。
3年間の冷夏の年も、下半分だけが張り出して先端部がスッと細くなる穂が目立ったが、
今年もそれが多い。
ついでながら、「小麦: 不稔粒発生のメカニズム」という面白い記事を見つけた。
幼穂期の低温障害による不稔で、今回とは違うケースだが参考になる。

画像は、見つけた黒カビ、右はビニール袋に入れて密閉しておくと2、3日で菌糸ができ、
カビと見分けられる。今回は一見して明らかだが、見分けにくいものはこうするとよい。


c0048643_5192839.jpgc0048643_520441.jpg
[PR]

by agsanissi | 2005-06-25 05:29 | 小麦


<< ちょっと得した気分      乾燥 >>