「ほっ」と。キャンペーン
2005年 07月 28日

パワーディスク

c0048643_7145954.jpg小麦跡の処理に、残稈を破砕した後
パワーディスクを使って、10-15センチ程度に浅く反転してから
ハローで整地し、ソバを播種することにした。
雑草も処理できるし、麦の残稈は軽く表土を覆う程度に止まるだろう
という考えだ。今日はディスクだけかけた。2ha1時間で完了。

パワーディスクは、この10年ほど使ったことがない。
昔は、表土が硬く、パワーディスクではディスクが10ミリ程度しか
ささらず、反転どころではなかった。
そのうちリバーシブル・プラウが使えるようになって、もっぱら
プラウばかり使ってきた。

使ってみれば快適だ。
プラウ・ロータリの作業では7時間程度(2ha当り)かかるところ、
パワーディスク・ハローの作業では2-3時間程度で完了の見通し。
[PR]

by agsanissi | 2005-07-28 07:13 | 機械類


<< ソバの播種適期      ヒグラシ >>