2005年 09月 14日

久々の芋掘り

1日に中断して以来、
秋雨前線による雨、台風、お祭り、再び雨と続いて13日ぶりに芋掘りを再開。
この畑の湿気が多いこともあって、開始早々、湿気を含んだ土が重く土除けの回転ロールが数メートル進む毎にストップ。
エンジン回転を下げたり、走行スピードを落としてみたり、掘り取り深さを浅くしたり、いろいろ試し試し走行してみるが、
150メートル程度を掘り取るに五分程度で終わるところを三十分以上もかかってしまう。
「湿気が多すぎて今日も駄目か」と殆ど諦めかけた途端に、今までの難航がなんだったのかと戸惑うほどスムーズに
掘り取り。朝露が消えて土が乾き始めたこともあるし、場所によって畑の乾き具合が違うこともあるし、収穫機のちょっとした
微調整の加減もあるし、何が主因とは分からぬが、7-8分まで回復。「今日中に終わらせるか」と意気込んでみたものの、
6時15分まで残業したところで、ライトをつけても微妙な影の部分が見えなくなってしまい、半日分を残して休止。

僅か正味6-7日程度の芋ほり作業に1ヶ月以上もかかっていては「どうにもならぬ」と反省はするものの、さて何か抜本的
妙案があるか。

芋掘り休止の間は、選外の小芋から来期用の種芋選別をボチボチ開始。
[PR]

by agsanissi | 2005-09-14 05:02 | ジャガイモ


<< 秋めく      追肥効果 >>