2005年 09月 19日

ソバ刈り取り

c0048643_5315497.jpgc0048643_5321919.jpg









昨日は、朝から終日どんよりした曇天、湿った生暖かい空気。ソバの刈り取りには
絶好の日和。
一部にはまだ葉が青々として花が残っているものもある。やや早いかなという感じ
もあるが、茎の水分がスッカリ抜けるのを待っていては、脱粒しやすくなり、特に
コンバイン収穫では、損耗率が高くなる。
ソバの収穫は、最初はこの刈り取り時期の見極めが中々難しい。
ここにキタワセソバと牡丹ソバの開花始後の日数と収量、黒化率、脱粒率の関係が
載っている。品種によって、日数には10日前後の差があるが(品種による生育日数
の差は、ここを参照)参考になる。
開花始後50日と60日の収量の激減には、特に注目。

ちなみに、この畑は開花始期が8/3前後だから開花始後約45日。
こうしてみるとキタワセソバと岩手早生は生育日数で20日以上の差があるが、開花
後の刈り取り適期までの日数には、ほとんど差がないようだ。
[PR]

by agsanissi | 2005-09-19 06:21 | ソバ/ナタネ


<< ソバの後熟      秋めく >>