2005年 10月 03日

ソバの花

c0048643_219134.jpgこの畑のソバは、7/16-18日の
3日間にわたって播いた。
16,17日に播いた部分は、先月の
24日に全部刈り終わったが、18日に
播種した部分だけ、どういうわけか
未だに花が咲いている。





ソバは、栄養生長と生殖生長が並んで進むのが特徴で、下の
ほうのソバはどんどん黒化する一方、上に上に伸びて、新しい
花を咲かせる。というわけで揃って完熟というわけにはいかない
ので、6-7割のソバが黒化した頃を見計らって刈りとる。
ところが一部だけ、こんなに花が咲き続けるのは初めて。
待ちきれず、刈り取ってみたが、湿気が多く、たちまちコンバイ
ンを詰まらせてしまった。


c0048643_21283489.jpg一方では、先月24日に刈り取った
部分からは、落ちこぼれた実が早くも
発芽し始めた。
もち論、これからはもう物にならない。
霜に弱いから、一回霜にあたれば
たちまち死んでしまう。

しかし、10センチか15センチくらいに
育ったところを摘み取ってソバもやし
として利用するのも良いもんだ。

最近、ソバはルチン源として注目されているけれど、ルチンの含有量だけに注目すれば
ソバもやしにはソバ粉の数倍も含まれている。
モヤシというと、光を当てずに育てるが、ソバもやしは光を当てて育てたほうがルチンの
含有量は増加する。
[PR]

by agsanissi | 2005-10-03 21:46 | ソバ/ナタネ


<< 麦播き      雨 >>