2005年 11月 12日

大根葉

種子屋に云わせると、「人参は肥料で採れ、大根は農薬で採れ」というとか。それほど見た目のきれいな大根を作るには
農薬漬けにする必要があるそうだ。事実、キスジノミハムシの被害を防ぐにはタネの植え穴に根から吸収される農薬を
一緒に施す場合が多い。そのせいで間引き大根を食べないのはもち論、その後の農薬散布で大根葉も食べなくなって
しまった。これを考えると市販の葉物類はどうなんだと気味悪くなる。

しかし盆前後に植えて、いまどきに収穫する大根は、時々間引きをするだけで農薬など一切無縁でも、肌のきれいな
大根が採れる。というわけでこの時期にしか大根を播いたことはないけれど、今年はいつまでも温かかったせいか肌が
いまひとつだ。一方、大根葉はいいね、いまだに青々している。

大根に葉っぱを付けて売らなくなったのはいつの頃からだろう。八百屋ではどうか知らないが、スーパーの店頭で葉っぱ
つきの大根はついぞ見かけたことがない。その代わりかどうか、葉大根というヘンテコリンなものを売っている。
ご存知かどうか、大根の根と葉を較べると、比較する対象にもよるが栄養分を総合的に見れば根よりも葉っぱのほうが
優れている。
デンプン源として大根を食べる人はいないだろうけれど、100gあたり根のほうに多く含まれているのは炭水化物くらいで
ほかのビタミン類、カルシウム、鉄分など数倍、ホウレン草に遜色ないくらい含まれている。
油でサッと炒めて、出汁と醤油、これに油揚げでも入れれば、他にはなにもいらないくらい美味しいね。
[PR]

by agsanissi | 2005-11-12 08:24 | ソバ/ナタネ


<< 麦の生育比較      ダイズ選別 >>