2005年 11月 15日

冬枯れの季節

c0048643_80262.jpg寒い朝、海面から湯気が立ち上るように見えるこの現象をなんと云ったか、度忘れ
してしまったが、昨日は11月に入って二度目の氷点下で、この"湯気"を再び見た。
今朝は昨日よりももっと冷え込んだが、さほどにも感じないのは慣れのせいだろうか。

紅葉の盛りは4-5日もあったか、あっという間に過ぎ去って先週半ばから山の
たたずまいは早くも冬枯れの装いに変わってきた。
道路際には落ち葉が厚く吹き寄せられ、葉を落とした木々を通して山は奥まで
見通され、空の天井は一段と高くなったように感じられる。


午後になって、今年最後の収穫作業、ダイズの刈り取りを始めた。陽射しは明るく照り付けているのに北風の冷たい底冷えのする
一日だった。
[PR]

by agsanissi | 2005-11-15 08:24 | 気象/季節メモ


<< おでん大根      麦の生育比較 >>