農のある風景/作業日誌/ようこそ!!荒木農場へ

sanissi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 26日

ミミズの寝言


人の心は不思議なもので、時に、自ら作った枠の中に窮屈に自らを閉じ込めている。

「作業日誌」と銘打っている以上、こんな話題はふさわしくないなと、自ら「制限」すれば、
いまどき書くことは何もない。別段、書かずとも一向に構わないが、書くことで頭を活性化させる
とすれば、深呼吸のみならず、書くにこしたことはない。

そんなわけで、カテゴリーに「ミミズの寝言」を設けてみたら、自ら、無意識に設けていた「枠」
が取れてしまった。まず、テーマの枠が取れてしまった。次に、スタイルの枠が取れてしまった。
「寝言」だから、それこそ寝言だ。嘘は書かないが、うつつ言とは、自ずからなる差異がある。

裃を着けない、背広を着ない、いつでもありのまま、とはいっても、自ら設ける「枠」がないわけ
ではない。他人よりも「枠」の広さが、極端に広いに過ぎぬ。
ミミズが、いくらか開拓枠を広げてくれるか?

ご存知の方もいるだろうが、
ミミズの寝言も昨日のバランス感覚も、徳富蘆花の「ミミズのたわこと」や森鴎外の「歴史其儘と
歴史離れ」のもじりだ。こんな名作も、いまでは余り読まれないがいずれも「青空文庫」で読める
のは幸いだ。
[PR]

by agsanissi | 2006-01-26 06:28 | ミミズの寝言


<< 偏西風の蛇行      バランス感覚 >>